【G-STAR 2012】多くのFPSファンが詰めかけたシリーズ最新作「Counter-Strike Online 2」コーナーレポート

【G-STAR 2012】多くのFPSファンが詰めかけたシリーズ最新作「Counter-Strike Online 2」コーナーレポート

2012年11月11日 17:05

担当:

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年11月8日~11日まで韓国・釜山BEXCOで開催される「G-STAR 2012」。ここでは、NEXONブース内でも一際長い行列を作っていた「Counter-Strike Online 2」を紹介しよう。

「Counter-Strike Online 2」は、NEXONとValve Corporationが共同開発を進めるオンラインFPSだ。G-STAR 2012のNEXONブースに設けられた試遊コーナーには、初日の早い時間から多くのファンが押し寄せており、早速白熱のオンライン対戦が繰り広げられていた。

先日紹介したインタビューでも語られている通り、本作にはValve Corporationの開発エンジン「ソース(Source) エンジン」の最新版が採用されている。そのため、グラフィックはより美しく進化しており、キャラクターの動きも滑らかになっていた。また、最大の特徴であるリアルタイムシャドウにより、美しいグラフィックがさらにリアルなものになっていた。

そのほか、射撃の反応や壁の破片、血痕効果などのエフェクトにも修正および追加が加えられているため、本シリーズ特有の迫力も増している印象だ。

なお、登場するステージは前作に収録されていたものがメインとなる。しかし、背景は緻密に描きこまれており、影などのビジュアル面も強化されているため、全く新しいマップと言っていい印象を受けた。

そして、普段FPSをプレイしないカジュアルなユーザーでもすぐに楽しめるように、操作が改善され、銃弾が当たりやすくなっている点も特徴だ。来場客の中にはさまざまな武器を使い、刷新された操作を試している人も見受けられた。

韓国では8月に1次クローズドβテストが実施されてお、11月16日からは2次クローズドβテストも開始となる。日本でのサービスは未定だが、今後の展開に期待したいところだ。

試遊スペースの上には大型モニターが設置されており、迫力のムービーも上映されていた。

最後に、会場内で撮影した本作のプレイムービーを紹介しよう。約1分の映像ではあるが、生まれ変わった美しいグラフィックが確認できるぞ。

Copyright(c)2017 NEXON Korea Corporation & Valve Corporation, Licensed to NEXON Co.,Ltd., in Japan.
Valve, Counter-Strike and Counter-Strike Online are trademarks, registered trademarks, or applied trademarks of Valve Corporation.

メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

カウンターストライクオンライン2公式サイトをチェック!
カウンターストライクオンライン2公式サイトをチェック!

注目オンラインゲームニュース

オンラインゲーム検索

OnlineGamerをフォローしよう!

G123.JP特設ページ
DMM GAMES特設サイト
オンラインゲーム入門講座 オンラインゲームにおすすめ!インターネット光回線特集