「EVE Online」をクラウド経由で遊べるプラットフォーム「EVE Anywhere」が発表!日本では2022年後半から利用可能に

「EVE Online」をクラウド経由で遊べるプラットフォーム「EVE Anywhere」が発表!日本では2022年後半から利用可能に

2022年05月20日 12:20 コメント 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

CCP Gamesは、PC向けにサービス中の「EVE Online」向けに、インテルの技術をベースにしたクラウドベースのプラットフォーム「EVE Anywhere」を発表した。

これにより、パイロットはデスクトップまたはノートパソコンから、Chrome、Edge、Firefox、Safariを通じて艦隊を指揮することが可能となる。

これまでオメガアカウントのプレミアムユーザーに限定されていたベータ版「EVE Anywhere」は、米国とヨーロッパの一部地域でも利用可能に。日本などほかの地域でも、今年後半に利用できる予定となっている。

「EVE Anywhere」はインテルのテクノロジーを採用しており、CCPはクラウド経由で大容量の計算処理へのリモートアクセスを可能にします。クラウドで運用することで、ハードウェアの制限という壁を取り払い、MMOの象徴的な冒険を新しいオーディエンスに開放します。これにより、誰でも好きな場所で「バーチャル」にプレイでき、ウェブブラウザと「EVE Online」クライアントのランチャーをシームレスに切り替えられるため、ゲームのアクセス性とテンポの良さの両方に革命をもたらすことになります。

このプラットフォームは、昨年、ヨーロッパ全域の地域を対象にベータ版を開始し、圧倒的な好評を博しました。2021年8月以降、全世界で11,000人以上のユーザーが「EVE Anywhere」で86,000セッションをストリーミングしています。ベータ版を通じて、CCPはコミュニティの貴重なフィードバックを取り入れ、「EVE Anywhere」の本格的なローンチに向けてクラウド体験全体を改善しました。

「『EVE Anywhere』は、過去1年間のベータテストにおいて、非常に高い評価を得ました。」と、「EVE Online」のクリエイティブ・ディレクターであるBergur Finnbogasonは述べています。「『EVE Anywhere』を試用し、貴重なフィードバックを提供してくれたカプセラの皆さんに心から感謝しています。皆様のご協力のおかげで、ブラウザの設定に関係なく、『EVE Anywhere』を皆様のお手元にお届けする準備がようやく整いました。」

「EVE Anywhere」は今年後半に日本でも利用できる予定です。「EVE Online」の最新情報については、EVE News(https://www.eveonline.com/news)をご覧ください。

※「EVE Anywhere」は現在、以下のヨーロッパ地域で利用可能です。
アンドラ、オーストリア、ベルギー、ボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチア、チェコ共和国、デンマーク、フランス、ドイツ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルグ、モナコ、オランダ、ポーランド、スロバキア、スロベニア、スイス、イギリス。

Copyright (C) CCP 1997-2022

メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメント

オンラインゲーム検索

OnlineGamerをフォローしよう!

DMM GAMES特設サイト
G123.JP特設ページ
オンラインゲーム入門講座 オンラインゲームにおすすめ!インターネット光回線特集