「EVE Online」のアライアンス・トーナメント XVIIにてキル証明書NFTの導入が決定!敵艦船に最後の一撃を与えた参加者への賞品に

「EVE Online」のアライアンス・トーナメント XVIIにてキル証明書NFTの導入が決定!敵艦船に最後の一撃を与えた参加者への賞品に

2021年11月09日 17:30 コメント 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

CCP Gamesは、MMORPG「EVE Online」において、現在開催中のアライアンス・トーナメント XVIIのにてNFTで収集可能なキル証明書を導入すると発表した。

今回導入されるNFTは、Tezosブロックチェーンを採用し、キル証明書が鋳造されるものとなっている。最後の一撃を与えたキャラクターは、キル証明書NFTを要求することができ、プレイヤーはこのNFTを取引したり収集することが可能になるとのことだ。

「EVE Online」トーナメントでNFTによる「キル」証明コレクションが入手可能に

EVEのアライアンス・トーナメントは、2005年に第1回大会が開催された、ゲーム業界初のeスポーツの1つです。今年は、第17回「EVE Online」アライアンス・トーナメントへの参加を記念して、キル証明書NFTがトーナメント終了後にプレイヤーにプレゼントされます。さらに、アライアンス・トーナメントの優勝者だけが手にすることができる280隻の限定船も用意されています。これらのユニークな船は、EVEの最も悪名高い物語の多くの核心をなすものであり、ゲームコレクターやPvPプレイヤーからも高い評価を受けています。

CCP Gamesは、NFTにTezosブロックチェーンを採用することで、イノベーションとサステナビリティを実現しています。Tezosのようなエネルギー効率の高いProof of Stakeネットワーク上のクリーンなNFTは、クリエイティブな表現を共有するこの新しいメディアのインパクトが、不必要に高いエネルギー消費によって相殺されないことを保証します。従来のProof of Workブロックチェーンとは異なり、Tezosの先駆的なProof of Stakeメカニズムは、競合するProof of Workネットワークに比べて200万倍も少ないエネルギーでネットワークを保護するエネルギー効率の高いアプローチです。これにより、Tezosはエネルギー消費を最小限に抑え、二酸化炭素排出量を無視したクリーンな運用を実現しています。

Alliance Tournament XVIIは、40チーム、10対10のデュアルエリミネーションによる4日間のメインイベントで、今年の初めには2日間の「フィーダー」トーナメントが開催されました。全体では約80チームが参加し、10万人以上のプレイヤーが参加しました。CCPは、今回も制作スタジオのEVE-NTと提携し、世界中のプレイヤー・タレントをアイスランドのレイキャビクにあるCCP本社に集め、イベントの様子をTwitchでライブ配信します。

この週末に始まったトーナメントは、翌週の11月14日(日)に決勝戦を迎えます。アライアンス・トーナメント XVII」の詳細については、公式サイトをご覧ください。

Copyright (C) CCP 1997-2022

メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメント

注目オンラインゲームニュース

オンラインゲーム検索

OnlineGamerをフォローしよう!

G123.JP特設ページ
DMM GAMES特設サイト
オンラインゲーム入門講座 オンラインゲームにおすすめ!インターネット光回線特集