自社開発の“コアエンジン”を新たに導入し2018年3月「World of Tanks」は劇的な進化を遂げる!「アップデー...

オンラインゲーム・無料ゲームのOnlineGamer
自社開発の“コアエンジン”を新たに導入し2018年3月「World of Tanks」は劇的な進化を遂げる!「アップデート1.0」の新情報が公開

自社開発の“コアエンジン”を新たに導入し2018年3月「World of Tanks」は劇的な進化を遂げる!「アップデート1.0」の新情報が公開

2017年12月24日 00:01

担当:

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーゲーミングジャパンは、12月20日に開催したプレスカンファレンスにて「World of Tanks」の「アップデート1.0」に関わる新情報を公開した。

7年続いてきた「World of Tanks」の歴史の中でも、一番大事なアップデートになると前置きがあった「アップデート1.0」。

果たして何が変わるのか、本作のパブリッシングディレクターを務めるAlexander de Giorgio氏の口から、その概要が明かされた。

Alexander de Giorgio氏

「アップデート1.0」の大きな要素として、以前から存在がほのめかされていた、新たなグラフィックエンジン「コアエンジン」が採用されることが発表された。これは、ウォーゲーミングが自社で開発する「World of Tanks」に最適化したエンジンであり、4年程前から製作を行っているものである。

今までは他社製のエンジンをカスタマイズしながら使用していたのだが、その中ではどうしても出来ないことがあり、エンジンを一から作る必要があったと製作に至った理由が明かされた。

「コアエンジン」の特徴として紹介されたのが、圧倒的なリアリティだ。グラフィックの質感は、まるで「World of Tanks」の世界に入り込んでしまったかのような錯覚を覚えるだろうと、Alexander氏は言う。それだけでなく、建物などのオブジェクトを破壊できるようにもなるそうだ。オブジェクトには物理エンジンが適用されているため、まるで本物のような重厚感があるという。こちらは、公開された動画内でもその様子が確認できた。

「World of Tanks」を、今後も拡張し続けていけるよう、柔軟性のあるエンジンとして開発したこともポイントとして紹介される。現在は予定されていないが、榴弾が落ちた時に地面がえぐれるなど、マップの地形そのものに変化を与えるような挙動も可能だという。

グラフィックが大幅に変化することもあり、クライアントにも大きな変化がある。今までの「World of Tanks」は、ハイスペックPC向けの「HDクライアント」と、ロースペックPC向けの「SDクライアント」という2種類のクライアントを、ユーザー自身の環境に合わせて使用する形をとっていたが、今後クライアントは一つに統合される。

統合された新しいクライアントは、オプション設定で自身のスペックに合わせたカスタマイズが可能になるという。基本的なグラフィック描写が強化されているため、ここでロー設定を行ったとしても、以前の「SDクライアント」以上のグラフィックを楽しむことができるようで、ここは嬉しいポイント。また、これによって必要動作環境が上がることもないそうだ。

また、水面下で進行していた「HDマップ」も「アップデート1.0」実装と同タイミングで導入されることも発表された。約30もの既存のマップがHD化されて登場する。さらに、今まで無かったようなギミックも追加され、まるで新マップのような気持ちで遊ぶことができるそうだ。

「アップデート1.0」では、「Adaptive music」という音楽に関わるアップデートも行われるそうだ。「Adaptive music」というシステムは、プレイヤーが置かれている状況や環境などに応じて、映画のように音楽が自動で変化していくシステムになるそうだ。これによってより深いゲーム体験が可能になるという。

また、楽曲自体にも40曲以上の新曲が登場。世界各国の著名なミュージシャンとコラボレーションして制作が行われたそうだ。今年の8月に発表された「Music 2.0プロジェクト」も、実はこの施策の一環だったという。

ゲームが大きく変わることもあり、ベンチマークソフトが配信されることも決定。12月23日に行われた「WF Fest」終了後に公開されている。日本語ローカライズ版は年内の配布を予定しているが、海外版であればすぐに使用できる。

「World of Tanks」は、正式サービス開始後もバージョンナンバーを“0.9~”と続けてきた。だが、ここにきて“1.0”という数字を使ったことをAlexander氏は、「ようやく私達が本来作りたかったものにたどり着いた」と表現した。

実際に「アップデート1.0」を体験したというAlexander氏は、「グラフィックやBGMが強化されたことで、最初はまったく新しいゲームを遊んでいるように感じたが、ゲームプレイの基本的な部分に関しては、以前の『World of Tanks』と同じ感覚で楽しめた」と期待感をつのらせる。

ある意味で、ここから正式な門出を迎える「World of Tanks」。「アップデート1.0」は、2018年3月の実装を予定している。

(C) Wargaming.net

メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

注目オンラインゲームニュース

注目オンラインゲーム

幻想神域

幻想神域

キャラが可愛い!アニメチックMMORPG

ドラゴンネスト

ドラゴンネスト

爽快コンボ満載の3DオンラインアクションRPG

イカロスオンライン

イカロスオンライン

モンスターを捕獲して騎乗しよう!MMORPG

ラグナロクオンライン

ラグナロクオンライン

職業50種類以上!コンテンツが豊富なオンラインRPG

オンラインゲーム検索

Yahoo!ゲーム特設サイト
DMM GAMES特設サイト
オンラインゲーム入門講座