「エターナル」公式GvG大会「第一回攻城戦」の新たな報酬が公開!城主となった軍団は税率システムや専用拠点が利用可能に

「エターナル」公式GvG大会「第一回攻城戦」の新たな報酬が公開!城主となった軍団は税率システムや専用拠点が利用可能に

2021年03月30日 16:10

このエントリーをはてなブックマークに追加

アソビモは、MMORPG「エターナル」において、4月24日に開催する公式GvG大会「第一回攻城戦」の新たな報酬を公開した。

“税”をかけられる新システムや、限定フィールドボスが登場

税率システム

“城主”として勝利した軍団が、ゼニー(ゲーム内通貨)を使うコンテンツに“税”をかけられるシステム。城の所有期間内(次回「攻城戦」までの間)に軍団長が1度だけ税率を変更できます。税率はサーバー全域で適用されます。

専用拠点

“城主”として勝利した軍団のみが入れる拠点。攻城戦の舞台となっている「ロッツフォート城」の城内や城外を安全かつ自由に散策できます。また専用拠点内にある「免税店」では、最低税率1%で一部コンテンツを利用できます。

限定フィールドボス

専用拠点のフィールドにのみ出現する限定ボスです。倒してから一定時間後に再出現するため、何度でも挑戦できます。

「攻城戦」とは

攻撃3、防衛1軍団による最大200人のGvGコンテンツです。軍団の結束力、交渉力など様々な力を用いて、城の「玉座」を奪い合います。フィールド上には、「攻城兵器」や「油釜」などのギミックが多数存在。途中で陣営変更ができるため、裏工作なども重要になってきます。

(C) ASOBIMO,Inc. All rights reserved.

メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

注目オンラインゲームニュース

オンラインゲーム検索

OnlineGamerをフォローしよう!

DMM GAMES特設サイト
G123.JP特設ページ
オンラインゲーム入門講座