フロンティアワークス、クリエイティブRPG第2弾となる新作ブラウザゲーム「三千界のアバター」を発表―2013年1月にサービス開始予定

フロンティアワークス、クリエイティブRPG第2弾となる新作ブラウザゲーム「三千界のアバター」を発表―2013年1月にサービス開始予定

2012年12月04日 16:34

このエントリーをはてなブックマークに追加

フロンティアワークスは、2013年1月より新作ブラウザゲームとして、クリエイティブRPG「三千界のアバター」の運営を開始すると発表した。

「三千界のアバター」はフロンティアワークスが2009年より運営開始した「蒼空のフロンティア」に続く、“クリエイティブRPG”の第二弾となります。クリエイティブRPGでは、クリエイターにオーダーすることで、ユーザーの製作したキャラクターが描写されるオリジナルのイラストや小説を製作してもらえるユニークなシステムを採用しております。

「三千界のアバター」では12月3日よりティザーサイトを公開し、1月のリリースまでに定期的に情報を紹介していく予定です。

三千界のアバターとは

無数の異世界の集合体である三千界。その三千界に忍び寄る危機を救うために、三千界の鍵守である“ヴォーパル”は地球から“特異者”としての才能を持った者たちを召喚した。

特異者とは三千界の各世界で自分のもう一つの姿である“アバター”に覚醒する力を持った者たちである。特異者たちはアバターの力を使って、三千界の各世界を救うために旅立った!

「三千界のアバター」はゲーム展開に合わせて新しい世界へ冒険が可能となり、各世界で“アバター”と呼ばれる存在に変身出来るようになる。

アバターとはファンタジーの世界であれば“魔法使い”や“獣人”、SFの世界であれば“アンドロイド”“宇宙海賊”というようにその世界の職業や種族を包括した物であり、同時にバトルスタイルでもある。

つまり、世界が変わるたびに新しいアバターに変身・活躍する楽しさと、成長する楽しさの両方が楽しめるゲームとなる。また、メインキャラクターイラストは新進気鋭のクリエイターsaitomが担当する。

「三千界のアバター」概要

ジャンル

ブラウザゲーム(RPG)

プラットフォーム

PC(一部FLASH使用)

プレイ料金

登録無料、コンテンツ利用有料(一部無料)

Copyright (C) 2015 Frontier Works Inc. All rights reserved. フロンティアワークス

メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

注目オンラインゲームニュース

オンラインゲーム検索

OnlineGamerをフォローしよう!

DMM GAMES特設サイト
G123.JP特設ページ
オンラインゲーム入門講座