オートバトルの遊びやすさとオリジナルストーリーに注目!「Re:ゼロから始める異世界生活 禁書と謎の精霊」プレイレポート

オートバトルの遊びやすさとオリジナルストーリーに注目!「Re:ゼロから始める異世界生活 禁書と謎の精霊」プレイレポート

2021年07月13日 18:00

担当:

このエントリーをはてなブックマークに追加

EXNOAがDMM GAMESにて2021年7月14日に配信予定のPC/スマートフォン向けブラウザゲーム「Re:ゼロから始める異世界生活 禁書と謎の精霊」のプレイレポートをお届けします。

長月達平氏による小説を原作として、多様な展開を見せている「Re:ゼロから始める異世界生活(以下、リゼロ)」。今回紹介する「Re:ゼロから始める異世界生活 禁書と謎の精霊」は、「リゼロ」初のブラウザゲームとしてリリースされるタイトルです。

長月達平氏が原案・監修し、リゼロの舞台となる大陸をワールドマップとしてビジュアル化。そんなリゼロの世界の各地を巡っていくオリジナルストーリーの他、原作のイラストを担当する大塚真一郎氏がデザインを担当した新キャラクター、そして大塚氏が原画を描き下ろしたゲーム内イラストを収録するなど、「リゼロ」ファンであれば存分に楽しめる内容に仕上がっています。

上記に加えて、ゲーム進行の部分でもプレイヤーへの配慮が多数行き届いた作りになっている点も見逃せません。それらの要素を中心に、先行プレイで楽しめた要素を紹介していければと思います。

先が気になるゲームオリジナルストーリーに注目!

アーラム村の子どもたちを助けた代償として、重い呪いを背負ったスバル。呪いを解くために魔獣ウルガルムのいる森に乗り込んだレムと、それを追うスバルとレムの双子の姉・ラム。レムと合流して2人を逃がすも、スバルは異形へと変貌したウルガルムに追い詰められてしまいます。そんなスバルの窮地を救ったのは、スバルが偶然屋敷から持ち出してしまった禁書から現れた謎の精霊・フェネでした。

ゲームは原作から分岐するかたちで展開する、独立したストーリーになっています。ここで詳しく紹介するのは控えますが、いわゆるエミリア陣営はもちろんのこと、フェルト、ラインハルトといったおなじみのキャラクターも登場します。出会いが変わればその関係性ももちろん変化してくるということで、どのようなやり取りが繰り広げられるかにも注目です。

また、オリジナルキャラクターであるフェネ(CV:上坂すみれ)、コリーナ(CV:夏川椎菜)がどのように物語に関わっていくのかも気になるところ。あらゆる展開が新鮮に映ること間違いなしです。

メインストーリー以外にもキャラクターストーリーやイベントストーリーが用意されています。今回のプレイでは★4以上のユニットを育てることで開放されるキャラクターストーリーの一部も確認できましたが、シリアスに展開していくメインストーリーはまた違ったキャラクターの一面を楽しめるものになっていました。

オートバトルをはじめとした遊びやすいゲームシステム!

本作のメインストーリーは、バトルとストーリーを交互に進めていく形式になっています。バトルシステムは5ユニットのパーティ編成で挑むオートバトルになっていて、基本的には属性の相性などを考えた編成が大事になってきます。そして、ユニット固有のスキルや必殺技を随所に発動することが、プレイヤーの介入する要素となります。

とはいえ、いわゆる倍速モードも最大4倍まで用意されていて、スキルや必殺技を自動で発動させることも可能です(ユニット単位でのON/OFFもできます)。その一方で0.5倍速にも設定可能で、強敵に挑む際にはゆっくり考えながらスキルや必殺技を差し込める点も配慮が行き届いている印象でした。

ボスもスキルゲージが溜まるとスペシャル技を発動してくるので注意しましょう。

また、ユニットはレベルアップや装備、ガチャなどでユニットとともに入手できるシーンカードをセットすることで、強化していきます。このあたりはほかのブラウザゲームなどでもおなじみのシステムですが、シーンカードをまとめて上限突破できるシステムが実装されているなど、こちらも細かな点で遊びやすくしてくれている点が好印象です。

そのほか、育成素材を手に入れる要素として用意されているダンジョンやキャラバン、ほかのプレイヤーと競い合う要素であるアリーナなど、定期的に楽しめる要素は一通り実装されています。メインストーリーが進むと当然バトルの難易度も上がってきますので、バランスよく楽しんでみてはいかがでしょうか。

イラストやワールドマップなど「リゼロ」の世界観を楽しめる要素も!

ストーリー以外にも、「リゼロ」の世界観を味わえる要素は多数用意されています。その一つが、長月氏原案・監修によって「リゼロ」の舞台となる大陸をビジュアル化した、ワールドマップです。アニメなどで明確には描かれてこなかった位置関係が分かりやすくなっていることはもちろん、アニメや原作で訪れていない未知の街や場所も登場するということで、今後が楽しみな要素です。

「リゼロ」といえば登場するキャラクターも魅力的ですが、本作ではゲームオリジナルの衣装を含むイラストにも注目したいところ。また事前登録するともらえる、大塚氏による原画描き下ろし限定★5エミリアなど、イラストによってはアニメーションするものも用意されているため、ホーム画面に設定することでキャラクターをより映えるかたちで楽しめるのではないでしょうか。

システム全般の遊びやすさがあることで、「リゼロ」の魅力であるストーリーを堪能できるようになっている本作。筆者もストーリーの序盤をプレイしたのみですが、すでに先が気になる展開になっていたので、ぜひ自身でプレイして確かめてみてください。

(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会 (C)2021 EXNOA LLC

メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

注目オンラインゲームニュース

オンラインゲーム検索

OnlineGamerをフォローしよう!

DMM GAMES特設サイト
G123.JP特設ページ
オンラインゲーム入門講座 オンラインゲームにおすすめ!インターネット光回線特集