【G-STAR 2013】カートゥーンレンダリングの美しいグラフィックがついに披露!NEXONブースに映像出展された「PERIA CHRONICLES」インプレッション

【G-STAR 2013】カートゥーンレンダリングの美しいグラフィックがついに披露!NEXONブースに映像出展された「PERIA CHRONICLES」インプレッション

2013年11月14日 19:50

担当:

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年11月14日~17日まで韓国・釜山BEXCOで開催されている「G-STAR 2013」。ここでは、NEXONブースに映像が出展されていた「PERIA CHRONICLES」のインプレッションをお届けする。

「PERIA CHRONICLES」は、「プロジェクトNT」という仮タイトルで発表され、昨年から話題を集めていたMMORPG。開発を担当するのは、韓国のオンラインゲーム開発の第一人者として著名な、鄭翔元代表取締役を中心に、NEXONやNEOWIZ等の出身の開発者達により設立されたThingSoft社。ストーリーは、人間と「キラナ」という超自然生命体が存在する世界を舞台に展開していく。人間とキラナは、ゲーム開始時では対立しており、そこから和解していく過程が描かれる。

本作最大の特徴は、カートゥーンレンダリングで描かれたアニメのようなグラフィックだ。系統としてはネクソンが運営する「マビノギ」などに近いが、キャラクターのモーションや背景の描き込みは洗練され、より美しくなっている印象を受けた。映像では、広大なフィールドの中で、自由に家や看板といった建物を並べていく姿が確認できた。そのほか、地形をいじることも可能で、平坦だったフィールドに、トンネルや地下などを作成できるようだ。

現地にいたNEXONスタッフによると、ターゲット層は特に限定しておらず、誰でも気軽に楽しめる作品を目指しているそうだ。また、現在開発中のため詳しい話は聞けなかったものの、戦闘システムも「マビノギ」同様、アクションを盛り込んだシステムになるとのこと。映像では、戦闘シーンのインターフェイスも少しだけ確認できる。

ちなみに、「次世代におけるポスト『マビノギ』を狙っているのか」という質問をスタッフにぶつけてみたところ、「『マビノギ』とは違った楽しみ方も提供したいと考えている」という答えが返ってきた。ThingSoft社ならではの要素も鋭意開発中で、最終的には、本作独自の雰囲気が出せると考えているとのこと。

気になるサービス時期だが、韓国では2014年内にクローズドテストを実施する予定だという。そして日本でのサービス時期は、今のところ未定とのこと。まだ情報の少ない作品ではあるが、会場で上映されていたPVと、最新のキービジュアルを入手したので、まずはこちらをチェックしつつ、続報に期待しよう。

メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

PERIA CHRONICLES公式サイトをチェック!

注目オンラインゲームニュース

オンラインゲーム検索

OnlineGamerをフォローしよう!

DMM GAMES特設サイト
G123.JP特設ページ
オンラインゲーム入門講座