「リーグ・オブ・レジェンド」に164体目の新チャンピオン「百の牙を持つ猟犬、ナフィーリ」が参戦!「群れの同胞」と戦うペット系アサシン

ライアットゲームズは、PC向けにサービス中の「リーグ・オブ・レジェンド」において、164体目の新チャンピオン「百の牙を持つ猟犬、ナフィーリ」とゲームモード「アリーナ」を本日7月21日に実装した。

ナフィーリは、“初心者にも扱いやすいアサシン”をコンセプトに開発されたチャンピオンだ。「我らは一つ」という固有スキルで「群れの同胞」というペットを召喚し一緒に戦う。スキルは、飛び道具とブリンク2種というわかりやすい構成になっている。

アルティメットアビリティー(ウルト)は移動速度上昇&視界確保が付き、チャンピオンを攻撃するとシールドを獲得するというもの。キルまたはアシストを獲得した際には、効果がリフレッシュする。

以下、発表情報をそのまま掲載しています

新チャンピオン「百の牙を持つ猟犬、ナフィーリ」

とてつもない力を持つ古代のダーキン、ナフィーリは一族を率いる身であった。だが、その野心は道半ばにして潰える。彼女は刃の内に囚われ、シュリーマの砂漠の地下深くに存在する墓所に封印されてしまった。それから幾世紀の時が流れ、ついに運命の日が訪れる。ナフィーリは自由を得たのだ──デューンハウンドをその宿主として…

「我らは千年もの間、獲物を追い続けてきた。だが、生きながらえた者はおらぬ」

その境遇にはじめは憤慨していたナフィーリだったが、自身の計画を成功に導くには、その群れの集団意識が不可欠であることに気づく。ダーキンの同胞たちは独りで戦い、そして敗れた。しかし、ナフィーリには、団結、忠誠、集団の力という強さがある。そして彼女は、ダーキンを一つにまとめるべく動き出す。その目的を邪魔する者は誰であろうと、群れの全勢力をもって無慈悲に引き裂くつもりだ。

・スキル紹介
https://www.leagueoflegends.com/ja-jp/event/naafiri-abilities-rundown/

・チャンピオンバイオ
https://universe.leagueoflegends.com/ja_JP/story/champion/naafiri/

・チャンピオン開発エピソード
https://www.leagueoflegends.com/ja-jp/news/dev/champion-insights-naafiri/

・チャンピオントレーラー

新ゲームモード「アリーナ」​

「リーグ・オブ・レジェンド」に実装される新ゲームモード「アリーナ」では、プレイヤー2名がタッグを組んで、他の3チームを相手に戦います。試合は複数のラウンドにわたって、1チーム対1チームで行われます。戦闘ラウンド終了するたび、各チームはこのモード独自のオーグメントでパワーアップすることができ、試合は残り1チームになるまで続きます。戦闘はそれぞれ異なる大きさ、地形の密集度、テーマを持った4つの戦場で行われます。また時折、試合中に「ソウルファイター」チャンピオンが特別出演し、プレイヤーに様々なメリット/デメリットをもたらします。

・アリーナのゲーム概要
https://www.leagueoflegends.com/ja-jp/news/dev/dev-arena/.

コメントを書く

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー

リーグ・オブ・レジェンド関連ニュース

韓国G-STAR 2023特集

おすすめオンラインゲーム情報

おすすめオンラインゲーム情報