「FFXIV: 暁月のフィナーレ」メディアツアーで既存ジョブを体験!調整・変更点レポート【ヒーラー編】

「FFXIV: 暁月のフィナーレ」メディアツアーで既存ジョブを体験!調整・変更点レポート【ヒーラー編】

2021年10月14日 00:01

担当:

このエントリーをはてなブックマークに追加

スクウェア・エニックスは、2021年9月19日~22日にかけて拡張パッケージ「ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ」のメディアツアーを開催しました。

拡張パッケージ「FFXIV: 暁月のフィナーレ」では、新たなジョブやフィールドが追加されるとともに、既存ジョブのレベルキャップ開放も実施されます。本稿では、メディアツアーにて体験できたヒーラーのプレイインプレッションをお届けします。

※このバージョンは最終調整前のものであり、リリース時には大きく変更される可能性があります。また、画像も最終調整前のものであり、リリース時には大きく変更される可能性があります。

白魔道士

アビリティによる回復性能が高いのが特徴的な白魔道士ですが、今回さらに強力なアビリティが追加となります。

新スキル「リリーベル」は設置型の範囲回復アビリティです。設置すると5スタックの“リリーベル”が付与され、効果時間中にダメージを受けると“リリーベル”を1消費して自動的に自身とPTメンバーの回復を行います。スタックが残った状態で効果時間が経過した場合、残りの“リリーベル”の数に応じた回復効果が発動します。

回復力は1000~2000。最大でケアルガ3発分以上の範囲回復を、それも20mの範囲に対して行えるという驚異的な強さ。回復効果の発動には1秒のクールタイムが必要で、さらにリキャストは180秒と長めですが、設置型という点も含めてかなり便利なスキルであることは確実です。

白魔道士には「アクアベール」という被ダメージを15%軽減するスキルも追加されます。余談ですが、てっきり「アクアオーラ」の後釜となる水属性スキルだと思っていたのに修得レベルは86でした。クラスクエストは一体どうなってしまうのでしょう……。なお、「アクアオーラ」は削除されます。今までありがとう。

既存スキルの調整としては、「グレア」と「ホーリー」が「グレアガ」「ホーリガ」へと進化します。また、「神速魔」のリキャストタイムが120秒に変更され、「ディヴァインベニゾン」がチャージアクションとなります。「シンエアー」もリキャストが変更され60秒になり、さらにチャージアクションとなりますが、効果時間中ずっと有効だったのが、一度だけ有効という内容に変更となっています。

ヒーラージョブの攻撃魔法のキャストタイムが短縮されたおかげでアビリティが挟みやすくなり、白魔道士のプレイフィールはとても快適になりました。6.0以降も強力なピュアヒーラーとして活躍できそうです。

リリーベル

アクション一覧

特性一覧

学者

6.0では、ヒーラージョブ全てに“回復魔法効果アップ”という特性が追加されます。学者はこの特性の効果が顕著で、「士気高揚の策」のバリア量が回復量の160%、「鼓舞激励の策」においては180%へと強化されます。また、レベル88の特性で「展開戦術」のリキャストが120秒から90秒へ短縮されますので、前述の特性とあわせると、かなりの強化となります。

新スキルは「生命回生法」と「疾風怒濤の計」の2つ。「生命回生法」は対象者のHP回復効果と最大HPを10%上昇させ、かつ実行した時点での最大HPの10%分を回復するというもの。戦士のスキル「スリル・オブ・バトル」とほぼ同じ効果です。

「疾風怒濤の計」は被ダメージを10%軽減する“怒濤の計”と移動速度を上昇させる“疾風の計”を付与する範囲スキルで、効果時間は20秒です。メインの効果は被ダメージ軽減ですが、「スプリント」相当の移動速度上昇もなかなかに強力です。

いざ使用してみると「戦闘中における20秒ってこんなに長く感じるんだな」と驚くと思います。何なら「スプリント」と合わせて30秒走り回れます。ギミックの救済措置として唯一無二のスキルと言えるでしょう。

そのほか、「死炎法」と「破陣法」の上位スキル「極炎法」と「裂陣法」が実装されます。また、「エーテルフロー」で回復するMPの割合が最大MPの20%分になりましたが、「エナジードレイン」のMP回復効果は削除になりました。

学者はバリアに特化したヒーラーですが、6.0では同じバリアヒーラーとして賢者が追加されます。どう差別化されているのかと言うと、賢者はシナジーを持ちません。「連環計」や「疾風怒濤の計」などでPTに貢献できるのが学者の強みと言えるでしょう。

疾風怒濤の計

アクション一覧

特性一覧

占星術師

「ノクターナルセクト」と「ダイアーナルセクト」が廃止され、ピュアヒーラーに位置付けされた占星術師。スタンスによって追加効果が違ったスキルは、6.0からは“ダイアーナルセクト”時の効果が発動するようになり、「アスペクト・ベネフィク」と「アスペクト・ヘリオス」においては、「ニュートラルセクト」の実行時のみバリアが付与されるようになります。

占星術師はカードまわりのメカニクスにも調整が入ります。

「ドロー」がチャージアクションへ変更され、チャージアクションだった「リドロー」は「ドロー」後に1回実行できるという仕様へ変更に。「マイナーアルカナ」は“クラウンロード”か“クラウンレディ”を直接ドローするスキルに変わり、「クラウンロード」は範囲攻撃、「クラウンレディ」は範囲回復になります。「スリーヴドロー」は今回削除となっています。

また、「ディヴィネーション」は“ディヴィネーションシンボル”無しで発動できるようになり、“自身と周囲のパーティメンバーの与ダメージを6%上昇させる”効果へ変更されます。“ディヴィネーションシンボル”は“アストロサイン”に変更され、新スキル「アストロダイン」の発動に必要となります。

「アストロダイン」は“アストロサイン”の種類に応じて自身にバフがかかるスキル。MPの継続回復や魔法のキャストタイムおよびリキャストタイムの短縮があるので、コンテンツによってはヒールワークにも影響がありそうです。

新スキルは他に「エクザルテーション」と「マクロコスモス」があります。「エクザルテーション」は対象の被ダメージを10%軽減し、さらに効果時間終了時にHP回復を行います。リキャストは60秒と短めで使いやすい印象です。

「マクロコスモス」は範囲攻撃スキルですが、追加効果でHP回復を行えます。ただし、回復量は効果時間である15秒の間に受けたダメージの50%分となっているので、使いどころは見極める必要がありそうです。

そのほか、「星天交差」がチャージアクションとなり使い勝手が良くなりました。「アーサリースター」の攻撃威力が最大320と現状の倍以上にアップしたのも嬉しいポイントです。

マクロコスモス

アクション一覧

特性一覧

ロールアクション

(C) 2010 - 2021 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
LOGO ILLUSTRATION: (C) 2021 YOSHITAKA AMANO

メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

注目オンラインゲームニュース

オンラインゲーム検索

OnlineGamerをフォローしよう!

G123.JP特設ページ
DMM GAMES特設サイト
オンラインゲーム入門講座 オンラインゲームにおすすめ!インターネット光回線特集