「FFXIV」パッチ5.55で追加されるセイブ・ザ・クイーンのアップデート情報が公開!CITIZENやFenderとのコラボも発表されたPLLをレポート

「FFXIV」パッチ5.55で追加されるセイブ・ザ・クイーンのアップデート情報が公開!CITIZENやFenderとのコラボも発表されたPLLをレポート

2021年05月16日 13:27

担当:

このエントリーをはてなブックマークに追加

スクウェア・エニックスがPS4/PC向けにサービス中の「ファイナルファンタジーXIV」。本日5月16日に開催された「デジタルファンフェスティバル2021」より「第64回 プロデューサーレターLIVE」の模様をお届けする。

ここではパッチ5.55で実装されるコンテンツ情報や、石川夏子氏へのQ&Aコーナー、コラボ情報などが発表された。

まずはパッチ5.55の公開日が発表。2021年5月25日に実装される。実装コンテンツとしては、メインクエストPart2、セイブ・ザ・クイーン アップデート、YoRHa: Dark Apocalypseのエピローグ追加、トリプルトライアド カードコンプリート報酬追加などが予定されている。

また現在テスト中のPS5版の正式サービスも5月25日より開始される予定だ。

続いて実装コンテンツの詳細が発表された。まずはセイブ・ザ・クイーン アップデートについて。

こちらでは新たな探索フィールド「ザトゥノル高原」が追加される。ここで展開される物語をもってセイブ・ザ・クイーンのストーリーは終了する。開放の前提条件はパッチ5.4のメインクエストをコンプリートしていること、パッチ5.45のセイブ・ザ・クイーン ストーリーをコンプリートしていることだ。

セイブ・ザ・クイーンアップデートではストーリーの最終章が展開。レジスタンスランクの上限も開放され、新たなスカーミッシュ/クリティカルエンゲージメントが追加。さらに最大48人で挑むレイドコンテンツ「大規模決戦『 旗艦ダル・リアータ攻略戦』」が実装される。こちらは難易度的には零式ではないので、比較的カジュアルに楽しめるものになっているようだ。

ストーリーでは一つ気にして欲しいというポイントが紹介された。ストーリー上の戦いの中で光の戦士はある決断を迫られることになるという。この選択肢でセイブ・ザ・クイーンの結末が変わるわけではないが、今後、よりシナリオに没入することができるようになるとのこと。

新たなスカーミッシュ/クリティカルエンゲージメントのバトル画像も公開された。

クリティカルエンゲージメントには新たな一騎討ちも登場。程よく難しい難度になっているそうだ。

「旗艦ダル・リアータ攻略戦」のスクリーンショットも公開された。

今回のセイブ・ザ・クイーンではレジスタンスランク25以降の成長要素「レジスタンス勲章システム」も追加される。レジスタンスランク25到達後、戦果を一定量おさめるごとに「戦果認定証」を入手できるようになり、これを3種類の勲章と交換していくことでセイブ・ザ・クイーンコンテンツ内での能力がアップしていく。

また、レジスタンスウェポン強化の最終段階も開放される。5.55のクエストを進め「ザトゥノル高原」を開放する際、同じタイミングで受注可能になる。能力は「希望の園エデン零式:再生編」の報酬武器を少しだけ上回る性能になっているとのこと。1本目の強化は少し大変だそうだが、2本目以降の強化では工程を省くことができるそうだ。

続いてパッチ5.55で実施される細かな調整点についてが紹介された。パッチ5.5公開時には白虎の製作武器が実装されたのだが、白虎武器を分解した際に蛮神素材が手に入らないというフォーラム意見があったという。実は白虎武器を分解した際に素材が手に入らないというのは仕様的に正しく、蛮神の種類によって素材が手に入る、入らないが決まっていたとのことだ。

仕様としてかなり分かりづらいということをうけて、パッチ5.55からはどの蛮神の報酬装備を分解した場合でも、入手アイテム候補に蛮神素材が含まれるように調整される。ただしドロップはあくまで抽選なので、手に入らない場合もあるとのことだ。

最後に「暁月のフィナーレ」発売までのおおまかなスケジュールが公開された。パッチ5.55が5月25日に実装、7月にはゴールドソーサーフェスティバルが実施され、6~7月と7~8月にパッチ5.57、5.58が実装される。ここでは超える力の追加など細かい調整が行われる予定だ。

8月は紅蓮祭/新生祭、9月にはリクエストが多かったという「FFXV」とのコラボが復刻開催される。そして11月には「暁月のフィナーレ」がリリースされるという予定だ。

PLL終盤ではコラボ情報やグッズ情報が公開。まずは、時計メーカーのCITIZENとのコラボレーションウォッチが発表された。-DARKNESS-modelと-LIGHT-modelの2モデルで展開され、盤面には十二神のマーク、裏フタには「FFXIV」のロゴが刻印されており、りゅうずにはアゼムの印が刻まれているのが特徴だ。なお、ライトバージョンはバンドを2タイプから選択可能とのことだ。

予約は5月17日から開始される、2月24日頃に商品が到着予定だ。価格は-DARKNESS-modelが44,000円(税込)、-LIGHT-modelが38,500円(税込)となっている。

続いては、「FFXIV」オリジナルモデルのフェンダー・ストラトキャスターが発表された。こちらは、「FFXIV」のオリジナル要素として光と闇のクリスタルを配置した漆黒のボディに、指板には特別な黒い木材を使用しメテオマークをインレイ。背面にはロゴとシリアルナンバーが刻印されている。

さらにスペシャルな機能として、フェンダー社と共同開発した「リミットバーストボタン」が搭載されているという。ノブを押すことで音が“バースト”するという。

予約は日本先行で5月25日より開始され10月下旬予定で発売される予定だ。価格は396,000円(税込)となっている。

こちらのコラボモデルはインゲームの楽器演奏にも追加。パッチ5.55より音色にエレキギターが追加され、演奏中に音質を変えるという特殊な仕様になっている。ハウジングの調度品としても追加されるので飾って楽しむことも可能だ。

PLL後半では、リードストーリーデザイナーの石川夏子氏が登壇しQ&Aコーナーも実施された。「漆黒のヴィランズ」のテーマについてやシナリオ制作の裏側も語られているので、興味がある人はぜひアーカイブでこちらもチェックしておこう。

「暁月のフィナーレ」をプレイする前に、特にプレイしておいた方が良いコンテンツとして「大迷宮バハムート」と「次元の狭間オメガ」が紹介されている。
(C) 2010 - 2021 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
LOGO ILLUSTRATION: (C) 2021 YOSHITAKA AMANO

メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

注目オンラインゲームニュース

オンラインゲーム検索

OnlineGamerをフォローしよう!

DMM GAMES特設サイト
G123.JP特設ページ
オンラインゲーム入門講座