「ブレイドアンドソウル」万能タイプの新職業「邪術士」や新たなタンス機能も実装されるアップデート「天舞」を紹介

「ブレイドアンドソウル」万能タイプの新職業「邪術士」や新たなタンス機能も実装されるアップデート「天舞」を紹介

2015年02月25日 17:00

このエントリーをはてなブックマークに追加

3月1日に行われる「ブレイドアンドソウル」の最新アップデート「天舞」で職業「邪術士」やダンジョン「復活の祭壇」といった新コンテンツが実装される。一足先に新コンテンツに触れることができたのでレポートする。

魅力的なキャラクターが多数登場する本作だが、メインストーリーの追加は昨年6月に実装された「水月平原」以来、9ヶ月ぶりとなる。ストーリーの展開も気になるのだが、ここでは、本アップデートで実装される新職業「邪術士」や新ダンジョン「復活の祭壇」といった新コンテンツを紹介する。

初心者でも扱いやすい新職業「邪術士」

本アップデートの目玉になるのがジン族の新職業「邪術士」だ。邪術士は、その名の通り呪文を唱えて呪術攻撃を行う戦闘スタイルで、攻撃中に自身の周りに札が飛び交う姿が印象的だ。

邪術士のスキルは基本的に遠距離タイプになっているが、対近接向けのスキルも多く初心者にも扱いやすい。慣れてくればさまざまなコンボを生み出せる点も魅力だ。特に注目のスキルを紹介しよう。

まず紹介したいのが序盤で習得できる「防弾符」だ。防弾符は、1.5~2秒間前方を防御をすることができ、1秒で再使用可能となる非常に優れたスキルだ。序盤は、このスキルと攻撃スキルを組み合わせれば、ほとんどのモンスターは難なく倒せてしまうだろう。

召喚獣を呼び出すことも可能で、真っ黒な姿で青く光る爪を持った召喚獣は「滅」や「破」といったスキルを使用し、スキルが命中するごとに10秒間、攻撃力が3%増加する。召喚時間は24~36秒。

さらに召喚獣を消耗することで使用できる覚醒スキル「降神」の効果は絶大だ。パーティーメンバーの武功の再使用時間が初期化され内力が10回復、さらに、クリティカルダメージの50%向上と移動速度の20%上昇が20秒間続くのだ。再使用には3分必要になるが、「邪術士」がパーティーに1人いてくれるだけでも心強い。複数人いれば今までとは全く異なる戦闘スタイルになるはずだ。

多数のボスモンスターが待ち受ける新ダンジョン「復活の祭壇」

あるクエストをクリアすると入ることのできる50レベル向けのダンジョン「復活の祭壇」。蛇がコンセプトになっており、ダンジョン内には蛇の装飾が施され、蛇をモチーフにしたモンスターが多く登場する。マップをよく見るとダンジョン自体も蛇の形をしているのだ。ここでは、アクセサリーの強化に必要な素材が手に入るとのこと。日本独自仕様としてアクセサリー性能の見直しが行われているそうなので、是非とも訪れたいダンジョンだ。

ダンジョンに入ってしばらく進むと、正面に閉じた扉と、左右に開かれた通路のある部屋に入ることになる。正面の扉を開くためには、左右の部屋で待ち構えるモンスター「ワンソー」と「ジャラカン」を倒さなければならない。

ダンジョン内には槍鱗戦士が待ち構えている

ワンソーは、厄介な部下モンスター「毛玉戦士」を引き連れている。部屋の四隅に機関銃が設置されており、機関銃を活用することで効率よく「毛玉戦士」を倒すことが可能だ。ワンソーは、「引っ掻く」「打ち下ろす」といった攻撃を行ってくるほか、「毛玉戦士」を召喚するので、その際は、再び機関銃で排除しよう。

毛玉戦士を引き連れているワンソー 厄介な毛玉戦士
機関銃を入手して毛玉戦士を倒そう
ワンソー単体でも強力な近距離攻撃を仕掛けてくる。機関銃はワンソーにあまり効かないようだ

もう一方のジャラカンは、「振り回す」「寒気爆発」といった攻撃を繰り出してくるほか、部屋の四隅にモンスター「神殿呪術士」を召喚する。さらに、防御不可能な広範囲攻撃として、雪だるまを投げてくることがあるので、うまく回避しよう。

ワンソーとジャラカンを倒すと、正面の扉が開き、ボスモンスター「ササングン」が登場する。ササングンの攻撃は、防御不可能な「毒針撃ち」や、周囲にダウン攻撃をする「旋風突起」などを使用してくる。

ササングンの次に現れるボスモンスター「チュチュ」は、 「引っ掻く」「走り打ち」といった攻撃スタイルで、前方の広範囲にダメージを与えるブレス攻撃には特に注意が必要だ。さらに、モンスターが湧く蛇鱗トーテムを4本出現させてくるのだが、このトーテムは直接攻撃では破壊することができない。チュチュをジャンプさせトーテムの位置に着地させることで破壊することができるので、メンバーのうまい立ち回りが必要になるだろう。

出現したトーテムはタンカー役がチュチュをうまく誘導して破壊させよう

ダンジョンの最奥で待ち構えるボスモンスター「邪魔皇后」と「刃鱗のサルミョーサ」

ここまででも手強いモンスターが多数登場したが、ここからは更に強力なボスが登場する。この先は二又に分かれており、それぞれの部屋で待ち構えているのがボスモンスター「邪魔皇后」と「刃鱗のサルミョーサ」だ。

邪魔皇后は、毒の状態異常や尾を使った打撃など多彩な攻撃を素早く繰り出してくるので、攻撃範囲となる正面を避け、横や後ろから攻撃するように心がけよう。また、体力が半分以下になると使用してくる「石化」を受けてしまうと身動きがとれなくなる「急冷」状態になってしまうので注意したい。

さらに、天井から氷柱を降らせるスキルを使用してくる。このスキルを使用されると氷柱が地面にめり込み、一定時間周囲に対してダメージを与えてくる。氷柱は、部屋の四隅に置かれている火炎放射器を使うことで取り除けるので、素早く排除しよう。

火炎放射器で氷柱を破壊しよう

刃鱗のサルミョーサは、打撃を中心とした攻撃を繰り出してくるのだが、特に注意したいのが約10,000ダメージを受ける防御不可能な「上げ斬り」だ。また、盾を使って防御してくることもあるので、攻撃のチャンスを見逃さないようにしたい。

さらに、召喚した3種類のトーテム「生命の祝福」「内力の祝福」「防御の祝福」の中から1つの力をボスが吸収する。この中で特に注意したいのが「生命の祝福」だ。「生命の祝福」の場合、ボスにダメージを与えたときに999の反射ダメージを受けてしまい、攻撃をすればするほど苦しい展開になってしまう。吸収したトーテム以外のトーテムを破壊することでボスへのバフが無効化され、プレイヤーキャラクターが恩恵を受けられる。急いで他のトーテムを破壊し、討伐を有利に進めよう。

3色の円の位置にトーテムが出現する

自勢力に協力して採掘を成功させよう!「霊石草原」

舞台となる白青山脈平野は、四季を感じさせる景色を楽しめる美しいマップだ。この白青山脈平野にある「霊石草原」では、大霊石を確保するために武林盟と渾天教の戦闘が行われている。

プレイヤーは2勢力が対峙している戦場に加わって占領や採掘を行い、勝利することができれば強化に役立つアイテムなどを得ることができる。

武林盟採掘団技術者「クウダ」 渾天教採掘団技術者「セルジュ」

準備・占領・採掘・決戦が主な流れとなる。占領フェーズでは、自勢力の採掘団技術者を護衛しつつ、敵対勢力の採掘団技術者を倒すことができれば、次の採掘フェーズに進むことができる。なお、お互いの技術者が生き残っていた場合は引き分けとなり、準備期間を経て再び占領フェーズが開始される。

武林盟採掘法機「天舞号」 渾天教採掘法機「渾天孔1号」

採掘フェーズでは、採掘法機が出現し採掘が開始される。採掘が完了するまでの一定時間、味方の採掘法機を1体でも護衛することができれば成功となり、全て倒されてしまうと失敗となる。

真鬼魂「ウーギン」 真鬼魂「コウホウ」

占領と採掘の各フェーズが交互に3セット行われた後、決勝フェーズが開始される。決勝フェーズでは、ネームドキャラクターが出現し、先に討伐した方が決勝を勝利で収めることができる。

なお、占領と採掘のフェーズの結果によって、出現するネームドキャラクターが異なり、得られるアイテムも変化する。また、勝利した時と負けた時で得られるアイテムが異なり、それらを組み合わせることで特別なアイテムボックスを作成することが可能だ。

衣装の管理がより便利に!新たなタンス機能が登場

すでに紹介した新コンテンツのほかにも細かなアップデートが予定されている。その中から多くのプレイヤーが喜ぶであろう機能を紹介しよう。

本作では魅力的な衣装が多く登場するため、すでにたくさんの衣装を収集している人も多いはずだ。しかし、インベントリや倉庫の容量には限度があり、アイテム整理に苦労した経験もあるのではないだろうか。

そんな悩みを解決する機能が今回実装される新たな「タンス(以下、新タンス)」だ。今までの倉庫は、「一般」と「タンス」に分けられており、タンスに預けられるのは衣装に限定されていた。今回このタンスが「補助」という呼び名に変わり、さまざまなアイテムを預けられるように変更される。

今までのタンスは補助に変更となる

そして、今回実装される新タンスは、画面下部のタンスアイコンからいつでも呼び出すことが可能となっており、ウィンドウ内には衣装の一覧とプレビュー画面が表示される。所持している衣装だけではなく、実装されているすべての衣装が表示され、自由に試着することが可能だ。持っている衣装であれば、その場でいつでも着替えることができ、インベントリに衣装を入れておく必要が無い。

さらに、プレビューでは種族や性別を変更したり、キャラクターを回転させて後ろ姿などを確認することもできるので、好みの衣装を探すときに活用できそうだ。

お伝えしたとおり、3月1日に実装されるアップデート「天舞」は、新職業「邪術士」や新ダンジョン「復活の祭壇」といった新コンテンツのほか、新しい遊び方を提供する「霊石草原」、より便利になったタンス機能などボリュームある内容となっている。

特に「邪術士」はソロでもパーティーでも活躍でき、これから始める初心者にも扱いやすい万能な職業になっているので、是非とも一度プレイしてみて欲しい。

(C) NCSOFT Corporation. Licensed to NC Japan K.K. All Rights Reserved.

メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

注目オンラインゲームニュース

オンラインゲーム検索

OnlineGamerをフォローしよう!

G123.JP特設ページ
DMM GAMES特設サイト
オンラインゲーム入門講座 オンラインゲームにおすすめ!インターネット光回線特集