オンラインゲーム総合情報サイト OnlineGamer

RazerがデュアルモードMini LEDディスプレイを搭載したゲーミングノートPC「Razer Blade 16」を発売―RTX 4090搭載モデルも近日登場

Razerは、ゲーミングノートPC「Razer Blade 16」について、デュアルモードMini LEDディスプレイ搭載モデル(RTX 4070搭載)を発売した。RTX 4090搭載モデルも近日発売予定。

以下、発表情報をそのまま掲載しています

「Razer Blade 16」はハイパフォーマンスと携帯性と優れたデザインを兼ね備えた次世代のゲーミングノートPC。CPUには「第13世代 Intel Core(TM) i9-13950HX」、GPUには「NVIDIA GeForce RTX(TM) 4070」をそれぞれ搭載。今回発売するモデルは世界初(※)「デュアルモードMini LEDディスプレイ」を搭載しており、没入感を高めたいゲームや高解像度のコンテンツ制作などを行う場合にはUHD+120Hzを選択し、FPSなど高いフレームレートが求められる場面では超高速240Hz FHDに切り替えるなど、場面や用途に合わせて解像度とリフレッシュレートの切り替えが可能です。

外部寸法を最小限に保ちつつ、内部のコンポーネントに最大限のスペースを確保できるよう設計し、一般的な15インチゲーミングノートPCと同等の筐体サイズで16インチディスプレイの搭載を可能に。さらにRazer Bladeを通した特徴である洗練された筐体デザインは本製品にも採用されており、性能だけでなく、携帯性とデザインを重要視される方に最適なハイパフォーマンスゲーミングノートPCです。

※ 2023年1月23日時点で販売されているゲーミングノートPCが対象、メーカー調べ

Razer Blade 16概要

「Razer Blade 16」は、第13世代 Intel Core i9 HX プロセッサとNVIDIA GeForce RTX(TM) 4070グラフィックスを搭載し、前世代の15インチノートPCよりもわずかに大きい筐体で、最高のパフォーマンスと携帯性を両立した16インチゲーミングPCです。QHD+ディスプレイ採用モデルのほか、ディスプレイに世界初(※)「デュアルモードMini LEDディスプレイ」を採用するモデルも登場。2つのネイティブ解像度とリフレッシュレートを切り替えることができます(120Hzの没入型UHDまたは240Hzの超スムーズなFHD)。

※ 2023年1月23日時点で販売されているゲーミングノートPCが対象、メーカー調べ

世界初(※)「デュアルモードMini LEDディスプレイ」搭載

素晴らしい描写力と速度、リアルな色表現、そしてあらゆる照明環境下でも明るさを保つという優れた特徴を持つMini LEDディスプレイをRazerで初めて採用。上記の特徴に加えて、このディスプレイは有害なブルーライトを最大80%削減するため、長期的な視力保護にも寄与します。さらに本モデルはMini LEDディスプレイとして世界初の2つの最適なネイティブ解像度、UHD+120HzとFHD+240Hzの間で切り替え可能な機能を搭載。クリエイティブな作業には超シャープな4K、スムーズなゲームプレイには超高速リフレッシュレートに切り替えることができます。その他、最大1000nitsの輝度や100% DCI-P3 カラー精度、NVIDIA G-Sync(TM)、HDRなどに対応しています。

※ 2023年1月23日時点で販売されているゲーミングノートPCが対象、メーカー調べ

NVIDIA GeForce RTX(TM) 40シリーズグラフィックス

NVIDIA GeForce RTX(TM) 40シリーズのノートパソコン用GPUは、AIによって強化されたDLSS 3と完全なレイトレーシングを活用し、ゲーマーやクリエイター向けに非常に高いパフォーマンスを提供し、最も効率的なシステムパフォーマンス、電力使用、バッテリー寿命、音響を実現。また、ゲームから純粋なコンテンツ制作にいたるまで、デスクトップレベルのシリコンチップを搭載した最もパワフルなモバイルプロセッサ(Intel Core(TM) i9-13950HX)で、高負荷タスクもそつなく実行できます。

16インチディスプレイを15インチのボディに

一般的な15インチゲーミングノートPCと同等の筐体サイズになるよう、外部寸法を最小限に保ちつつ、内部のコンポーネントに最大限のスペースを確保できるよう設計。1つのアルミニウムブロックを精密にCNCミルで加工し、曲げに強いユニボディシャーシを実現。また洗練された見た目と耐久性を兼ね備えた、傷に強い黒色のアルマイト処理を施しています。

効率的な冷却機能

「Razer Blade 16」に搭載された特許取得済みのカスタム冷却システムは、フルベイパーチャンバーを使用しており、伝統的なヒートパイプ方式よりも薄く、効率的です。真空封印された銅チャンバー内には脱イオン水が含まれており、これが蒸気化することで、熱が素早く効率的にコンポーネントから統合された熱交換器へと移動し、そこから二重ファンによって排出されます。最適なユーザーエクスペリエンスのために、ナノ粒子のNasbisシートやグラファイトベースのパッドのような材料が使用されており、これによりホットスポットが軽減されます。

コメントを書く

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー

おすすめオンラインゲーム情報