「ファンタシースターオンライン2」が欧州、インド、オセアニアなど新たに33ヶ国・地域でサービスを開始

「ファンタシースターオンライン2」が欧州、インド、オセアニアなど新たに33ヶ国・地域でサービスを開始

2020年08月06日 12:12

このエントリーをはてなブックマークに追加

セガは、オンラインRPG「ファンタシースターオンライン2」について、2020年4月に開始した北米地域に加えて、8月5日より欧州、インド、オセアニアなど新たに33ヶ国・地域でのサービスを開始した。

「ファンタシースターオンライン2」が欧州、インド、オセアニアなど新たに33ヶ国・地域でサービスを開始

「ファンタシースターオンライン2」は、2012年7月にWindows PC版のサービスを皮切りに、2016年4月に家庭用ゲーム機のPS4版、2018年4月にはNintendo Switch向けにクラウドゲーミング形式で展開するなど対応プラットフォームを拡大し、日本国内で累計550万ユーザーを超える国内最大級のオンラインPRGゲームです。(2019年10月時点)

プレイヤーは、広大な宇宙を舞台に惑星調査隊「アークス」の一員となり、さまざまな世界で冒険を繰り広げます。基本プレイは無料で、最大12人による協力プレイが楽しめます。

また、2021年には、本シリーズの新作にあたる「ファンタシースターオンライン2 ニュージェネシス」を日本、北米地域でサービスを開始する予定です。

今年4月にアメリカ、カナダ向けにサービス開始した北米版では、日本で展開するコンテンツを英語にフルボイス、フルテキストでローカライズ対応するとともに、地域独自のイベントを追加するなどのカルチャライズも行っており、現地プレイヤーの嗜好や市場環境に合わせた運営、プロモーションなどを実施しています。

このたび8月5日に北米版の対応プラットフォームとしてSteamが加わり、既にサービスを開始しているXbox One、Windows PC向けを含め、欧州、インド、オセアニアなど新たに33ヶ国・地域での配信を開始し、グローバル版となりました。これにより、現地の多くのプレイヤーに楽しんでいただくことを通じて、「ファンタシースターオンライン2」のさらなるブランド向上を目指します。

セガでは、世界中に開発スタジオと販売拠点を置き、各地の市場環境に合わせてゲーム、及び関連事業を展開しており、日本国内の開発スタジオによる自社IPやコンテンツの海外展開についても積極的に行っています。この度の取り組みはこうした一環として行うものです。今年7月にはネットワーク対戦麻雀ゲーム「セガ NET 麻雀 MJ」の米国版を提供開始したほか、今後も自社IP含め国内で開発したコンテンツをグローバル展開することで、世界中のより多くの方々に感動体験を提供できるよう務めてまいります。

(C)SEGA

メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

注目オンラインゲームニュース

オンラインゲーム検索

OnlineGamerをフォローしよう!

G123.JP特設ページ
DMM GAMES特設サイト
オンラインゲーム総合ランキング
オンラインゲーム入門講座

ゲーム専用パソコン

オンラインゲーム推奨PC

ゲーミングデバイス

進化したデバイスで快適プレイ!
キミの可能性を引き出せ!