「Shadow Arena」最強はどこのゲームメディアだ!「シャドウアリーナ メディア対抗戦 #0」レポート

オンラインゲーム・無料ゲームのOnlineGamer
「Shadow Arena」最強はどこのゲームメディアだ!「シャドウアリーナ メディア対抗戦 #0」レポート

「Shadow Arena」最強はどこのゲームメディアだ!「シャドウアリーナ メディア対抗戦 #0」レポート

2020年06月25日 12:35

担当:

このエントリーをはてなブックマークに追加

Pearl AbyssがSteamにてサービスを提供するアクションバトルロワイヤル「Shadow Arena」。本作を用いたメディア対抗戦「シャドウアリーナ メディア対抗戦 #0」が、6月20日に行われた。

「Shadow Arena」は、Pearl Abyssの代表作であるMMORPG「黒い砂漠」に過去実装されていたコンテンツ「影の戦場」のスタンドアロン版として開発されているタイトル。最大40人のプレイヤーが最後の1人になるまで生き残りをかけて戦うバトルロイヤルゲームです。

現在Steamにてアーリーアクセス中の本作で、5つのゲームメディア(「4Gamer.net」「Game Spark」「GAME Watch」「ファミ通.com」「OnlineGamer」)で、「シャドウアリーナ メディア対抗戦 #0」が行われました。本大会では、5メディア5人のプレイヤーだけでなく、Discordとゲーム内の募集から一般のプレイヤーの方にも参加してもらい、およそ30人の規模によるソロマッチが行われました。

試合は2試合行われ、順位に応じたポイントを獲得。総獲得ポイントが一番多いメディアが優勝となります。優勝したメディアには、「全種類の英雄キャラがロック解除できるクーポン」の読者プレゼント用コードが、また、試合ごとの優勝者には後日「英雄クーポン」が配布されました。商品が豪華なこともあり、みんなやる気マックスといった面持ちです……!

ゲームが始まるまではロビーでチャットをしたりと、まったり進行です。

それでは、それぞれ全2試合の模様をお届けしていきましょう。

1試合目

「Shadow Arena」をプレイするのは、かなり久しぶりの筆者。2月末に行われたクローズドβテスト以来でしたので、相当久しぶりです。その時からはキャラクターも増えており環境も大きく変わっているでしょう。ひとまず操作感を思い出すため、動かしやすかった「蓮花」を使うことにしました。

ゲームが開始したら、まずは雑魚敵を倒して装備やスキルを整えます。本作にはレベルなどの概念は無いのですが、敵を倒した時や、落ちている宝箱からドロップする装備やスキル書で自分のキャラクターを育てていくことができます。ちなみに装備は、現在のものより強いものを獲得した際にGボタンを押すことで自動で更新してくれるので、とってもストレスフリーです。戦闘に集中することができます。

もちろん、序盤から他のプレイヤーを倒しにいってもいいのですが、やはりあまりPvPに自信がなく、ゲームプレイも久しぶりということで、まずは堅実に装備を集めていくことにしました。

ゲーム開始から約7分程経過したところで、装備がまんべんなく青色になりました。装備は5段階のレアリティに分かれており、「白<緑<青<黄<赤」の順に強くなるので、序盤としてはまずまずといったところでしょうか。これはもしかすると、なかなか良いところまで行けるかもしれないぞ……とほくそ笑んでいると……。

……凍らされてしまいました! この攻撃は魔法を得意とする「ヘラウェン」のスキルなのですが、ここからのコンボがめちゃくちゃ痛い! 完全に油断しているところを突かれてしまい、テンパります。

相手の名前も青色だったので、装備差はそこまで無かったはずなのですが、氷結からのフルコンボで体力差を作られあっけなく倒されてしまいました……無念。

というわけで1試合目は23/31位という結果に。

2試合目

予想以上に腕前の差を痛感した筆者。2戦目はとにかく長く生き残って少しでも順位を上げる作戦でいこうと思います。この場合、ほかのプレイヤーに遭遇した時に逃げやすそうなキャラクターを使うのが正解な気がしますが、先日実装されたばかりの「タガル」がめっちゃ気になります……!

散々悩みましたが、2戦目は「タガル」でいくことに決めました!

「タガル」は、薙刀状の武器を振り回して戦うキャラクターです。「黒い砂漠」でいうと「ブレイダー」の覚醒が一番、使用感として似ているかもしれません。攻撃範囲が広いのでモブ狩りはサクサク行える分、対人性能、とくに1対1はあまり強くないかもしれません……!

スキルを確認しながらキャラクターを育てようと思っていたのですが、序盤から他のプレイヤーに遭遇してしまいました。これは大誤算!

……なのですが、本作ではゲーム開始から数分間は再復活可能時間という扱いで、もう一度ランダムな地点で復活することができます。セーフ!(正直、完全にこの仕様を忘れていたので「終わった~!」と思っていました)

さて、気を取り直してファームを進めていきます。前回と同じくらいの時間に黄色装備もゲットできました。今度こそいけるかも……!?(死亡フラグ)

と、ちょうど麦畑でを歩いた時、急に他のプレイヤーに襲われてしまいました……! このロケーションで金色スキンのゴィエンはマジで見えないって……!!

というわけで2戦目は15/29位! す、少しだけ良くなっているので、よしとしましょう!

結果発表!

さて、それでは全メディアの総ポイント数から結果を見てみましょう。

メディア名 第一試合 第二試合 総合ポイント
4Gamer.net 12 16 28
GameSpark 5 3 8
GAMEWatch 5 3 8
OnlineGamer 3 5 8
ファミ通.com 3 5 8

4Gamer.netさんの圧勝! その他のメディアは仲良く同率2位という、すさまじい結果になりました。(ちなみにこっそり参加されていたPearlAbyssの広報の方は6ポイントだったそうです。勝った!)

いや~、正直もう少し善戦できるかな、と思っていたのですが、完全に力及ばずという感じでした。しかし、お気づきの方もいるかもしれませんが、今回の大会名には「#0」と表記があります。もしかしたら2回、3回と大会が行われる可能性もありそうです。その時にそなえて、ぜひ皆さんも「Shadow Arena」をプレイしてみてはいかがでしょうか! 私も次回に備えてコソ練しておきます……!

Copyright (C) Pearl Abyss Corp. All Rights Reserved

メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

注目オンラインゲームニュース

注目オンラインゲーム

ワールドエンドファンタジー

ワールドエンドファンタジー

ギルド戦が熱い!お手軽ブラウザRPG

幻想神域

幻想神域

キャラが可愛い!アニメチックMMORPG

ラグナロクオンライン

ラグナロクオンライン

職業50種類以上!コンテンツが豊富なオンラインRPG

TERA

TERA

超王道!ファンタジーMMORPG

オンラインゲーム検索

G123.JP特設ページ
DMM GAMES特設サイト
オンラインゲーム入門講座

ゲーム専用パソコン

オンラインゲーム推奨PC

ゲーミングデバイス

進化したデバイスで快適プレイ!
キミの可能性を引き出せ!