ブラウザゲーム「スター・トレック ディープ・スリート」を紹介!初心者でも遊びやすいSF戦略シミュレーション

ブラウザゲーム「スター・トレック ディープ・スリート」を紹介!初心者でも遊びやすいSF戦略シミュレーション

PR2020年02月08日 00:00

担当:

このエントリーをはてなブックマークに追加

インゲームが、2020年1月17日にサービスを開始したSF戦略シミュレーションゲーム「スター・トレック ディープ・スリート」。惑星連邦とその同盟種族に敵対する生命体8472との戦いが描かれる本作のプレイインプレッションをお届けする。

本作は、同じくブラウザゲームとして注目を集めた「STAR TREK エイリアン・ドメイン」の続編にあたるタイトルだ。ゲームの舞台も前作の後という時間軸になっており、惑星連邦とその同盟種族に敵対する生命体8472との戦いが描かれる。

「スタートレック」といえば、1966年に放映開始したSFテレビドラマ以降、6作品のドラマシリーズと13本の映画、1本のアニメ作品が作られてきた米国を代表するSF作品である。作品内では地球人だけではなく様々な種族の宇宙人たちが登場し、そこで起こる事件などを通して倫理観などを考えさせられるところが魅力となっている。

この「スター・トレック ディープ・スリート」では、どちらかというと、そうしたヒューマンドラマ的な要素よりも、広大な宇宙を探索していくという部分に主題が置かれている。

ちなみにオリジナル版のゲームでは、ややリアルなスタイルのイラストとなっていたが、今回日本向けにリリースされるにあたり、キャラクターデザインなどをアニメ風にするなどのローカライズが行われている。そうしたこともあってか、特にキャラクターで違和感を覚えることもなく、すんなりとゲームの世界に溶け込むことができた。プレイ開始時に惑星連邦またはドミニオンのいずれかの陣営を選ぶことになるが、今回はなじみのある惑星連邦を選択している。

左からボルタ、ジェムハダー、人間、創設者という感じで、
スタートレックらしい種族が多数登場するところも魅力のひとつだ。

ゲームプレイの見どころを紹介!

迷ったときはミッションをクリックすればOK!

本作では、大きく分けて4つの宇宙域があり、その中に各26個もの星系がある。さらに、各星系には複数の惑星があるという感じだ。ゲームの大まかな流れとしては、そうした惑星をひとつひとつ調査していきながら、占領しコロニー化していくことになる。

ゲームに慣れないうちは何をやればいいのかわからなくなるかもしれないが、そんなときは画面左側に書かれているミッションをクリックすることで、目的となる場所を表示してくれる。そちらに艦隊を移動して、戦闘などを繰り広げていきながらミッションの目的を達成していけばOKだ。

ミッションには星系攻略やプレイヤーの成長を目的としたメインミッションのほか、様々な星系を探索していくサブミッションが用意されている。これらは、チュートリアル的な内容の新人ガイド終了後に選択可能となる。

画面左端のミッションで何をやればいいのかわかるようになっている。
その部分をクリックすることで、目的となる惑星などが表示される。

バトルはオートで進むターン制を採用

惑星の調査などでは、頻繁に戦闘が発生する。これはRPGにおける戦闘と同様に、本作の本質的な部分でもある。戦闘に参加する船は、あらかじめ「陣形」で設定しておくことが可能だ。こちらではメインとなる母艦のほか、随伴艦を配置することができる。

随伴艦は1~9までの数字で書かれた場所に配置していくことができ、この順番に従って攻撃を加えていくことになる。最前列の1~3については、最初に敵から攻撃を受けるため、なるべく防御力の高い船を配置するようにするなどの戦略が重要となってくるのだ。

相手が手強いときは、その部分も考慮しながら船の配置を決めていくといいだろう。

建造した随伴艦は、左側のメニューからドラッグ&ドロップで配置していくことができる。

戦闘自体はオートで行われ、面倒な場合はスキップで戦闘画面を飛ばすことも可能だ。戦闘によって、母艦がダメージを受けたり、あるいは随伴艦の数が減ってしまったりといったこともある。そうしたときは、次の戦闘のためにあらかじめ修理や随伴艦の補充をしておくようにしよう。

こちらが戦闘画面。ターン制で順番に攻撃をしていく。オートで行われるため、スキップで結果だけ見ることもできる。

富国強兵! 内政を整えて戦闘の準備をしていこう

最初のうちは何も考えずに、そこに書かれている指示に従いながらメインミッションやサブミッションを選んでいくだけでも、あまり問題は起きない。しかし、ある時点から敵が強力になり、急に勝てなくなるポイントが訪れる。

そうしたときに見直したいのが、いわゆる内政にあたる部分だ。本作では、基地建設と呼ばれる部分が重要な要素となっている。たとえば宇宙船の生産にはメタル資源が必要となるが、それを採掘する施設がメタル工場という感じだ。

各施設にはレベルがあり、レベルアップをしていくことで生産性が上がったり、より強力な技術が利用できるようになったりする。ただひたすら宇宙を探索するだけではなく、こうした施設も合わせて強化していくことで、より強力な部隊を組織できるようになっていくのである。

ゲームを進めていくことで、技術ツリーも開放される。こちらでゲーム内の様々な技術をアップグレードできる。

クルーを配置して育成していこう

船の運用に欠かせないのはハード面だけではない。当然のことながら、それを運用するクルーたちも重要だ。本作では陣営ごとに30名のクルーが用意されており、艦長、副官、機関部門、技術官、航海士といった5種類の職務に就かせることができる。新たなクルーは募集で追加していこう。

クルーは、ゲーム中に入手したクルー経験値カードを使ってレベルアップしていくことができる。また、スキルやタレントといった要素で、戦闘中の攻撃力や防御力を強化することも可能だ。

新規ユーザー向けイベントも実施中!

まだリリースされて間もないということもあり、新規ユーザー向けのイベントも実施中だ。まずはログインイベント。「14日間豪華ログイン報酬」として、ゲームにログインすることで様々な報酬がもらえるようになっている。たとえば、2日目にはなんと、宇宙船がゲットできるほか、7日目にはLV40武器がもらえる。それ以外にも、ゲーム内で必要となる通貨の「IC」も大量に入手することができる。

レベルアップしていくことでもプレゼントがもらえる。プレイヤーのレベルが24と27に達すると、大活躍してくれること間違いなしの随伴艦が1隻入手できる。また、ゲーム内通貨や資源もプレゼントされる。

さらに、初回チャージ報酬として、強力な全体攻撃が行える随伴艦1隻と母艦武器1点がゲットできる。基本的には無料でも十分に楽しめる内容となっているので、スタートレックファンであるかどうかにかわらず、本作に興味を持ったならば、ぜひこの広大な宇宙という名の“最後のフロンティア”に乗り込んでみよう!

(C) 2020 Ingame Co.,Ltd. All rights reserved.

メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

注目オンラインゲームニュース

オンラインゲーム検索

OnlineGamerをフォローしよう!

G123.JP特設ページ
DMM GAMES特設サイト
オンラインゲーム総合ランキング
オンラインゲーム入門講座

ゲーム専用パソコン

オンラインゲーム推奨PC

ゲーミングデバイス

進化したデバイスで快適プレイ!
キミの可能性を引き出せ!