オンライン空戦MMO「World of Warplanes」がいよいよ日本上陸!先行体験会で感じた本作の魅力をお届け!

オンラインゲーム・無料ゲームのOnlineGamer
オンライン空戦MMO「World of Warplanes」がいよいよ日本上陸!先行体験会で感じた本作の魅力をお届け!

オンライン空戦MMO「World of Warplanes」がいよいよ日本上陸!先行体験会で感じた本作の魅力をお届け!

2018年07月18日 20:05

担当:

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーゲーミングジャパンは、PC版「World of Warplanes」日本版テストを、本日7月18日18時にリリース。これに先駆けて行われた体験会の模様をお届けする。

これまで「World of Tanks」や「World of Warships」など数々のミリタリータイトルをサービスしてきたウォーゲーミング。

そんな同社が“陸”“海”に続く“空”を舞台にしたオンライン空戦MMO「World of Warplanes」を、いよいよ日本で配信する。

本日ウォーゲーミングジャパン本社で行われたカンファレンスでは、「World of Warplanes」の特徴を開発ディレクターのアレクサンダー・カシアネンコ氏、アジアパシフィック・プロデューサーの藤田健氏が紹介。またリリースに先駆けて本作を一足先に体験することができた。本稿ではその内容をお伝えしていこう。

左からアレクサンダー・カシアネンコ氏、藤田健氏。

「World of Warplanes」はウクライナで開発され、既にサービスが行われている海外では1,200万人以上の会員数を達成しているという。簡単な操作で誰でも爽快感のある航空戦を楽しむことが可能だ。

本作には、「戦闘機」「重戦闘機」「攻撃機」「爆撃機」「マルチロール機」という5つの航空機クラスがあり、空中戦はもちろん対地攻撃や爆撃なども可能。また、施設を占領することで使用できる能力が増えたり、NPCによる中立軍が登場するなど戦略的な要素も兼ね備えている。今後は、新しい対戦モードやコンテンツのリリースも予定しているそうだ。

本作は、いよいよ日本版がリリースされるわけだが、実は既に海外ではサービスが行われているタイトルなので、多くの日本人プレイヤーが北米サーバーでプレイ中だ。日本プレイヤーの熱心さと、フィードバックの多さから今回、日本版テストが実施されることになったという。

今回リリースされる「World of Warplanes」のバージョンは“2.0”となっており、初のアジアローカライズ版となる。技術ツリーの理解と開発スピード促進のため、「日本」「ドイツ」「アメリカ」の3ヶ国に絞った状態で配信される。

本作の概要が説明されたところで、いよいよ実機での体験プレイとなった。本作のオンライン対戦モードは12対12で、足りない人数はCPUで埋められるとのこと。ウォーゲーミングの別タイトルを遊んだことがあればお馴染みの方式だ。メインとなるゲームモードは「コンクエスト」となり、拠点を多く占領し資源を多く獲得したチーム、もしくは敵機をすべて殲滅したチームが勝利となる。

操作方法は非常にシンプル。「WASD」による移動、と左クリックによる射撃。その他様々な兵器が各キーに割り振られている。スナイパーモードは、マウスホイールで切り替えることもできた。

対戦中、残り時間僅かに発生する「スコールライン」に到達するまでは、何度でもリスポーンすることが可能だ。なので敵機をずっと追いかけているだけでは勝利することができない。そこで重要になってくるのが5つの航空機クラスだ。それぞれ得意な役割が異なってくるので、自分のロールをしっかり理解した上で各種拠点の占拠を目指そう。

拠点を占拠するには、拠点にある施設を破壊する必要がある。これは地上にある建物の他、空中を飛び回るNPC機なども含まれる。自分が使用するのが「爆撃機」であれば地上の施設を狙い、「戦闘機」などであれば空中のNPC機を狙うといった役割を意識しよう。

占拠した拠点によっては、戦闘を有利に運ぶ効果が発動することも。“指令センター”を占拠すれば「爆撃機小隊」を要請できるし、“空港”を占拠できればリスポーン地点に選択できる他、様々な恩恵を受けることができる。

本作は何度でもリスポーン可能と前述したが、対戦時間が残り僅かで発生する「スコールライン」状態になるとリスポーンが不可能になる。この仕様を逆手に取ってスコールラインぎりぎりにわざと撃墜され、無傷な状態に戻るといったことも可能だ。

スコールラインまでの時間は画面右上に表示される。

「World of Warplanes」最大の魅力は、簡単操作で爽快感を味わえる点にある。今回の体験会も最低限の操作説明で始まったのだが、使う機体によって役割がはっきりしているので方針が明確で、それ故に対戦中に迷うようなことは少なかった。そしてチームプレイなので味方と協力してドッグファイトに勝った時などは、得もいえぬ爽快感を感じることができた。

舞台が空ということで様々な景色を高空から眺めることが出来る点もポイント。

また、本作にも技術ツリーなどからなる豊富なカスタマイズが用意されている。通常砲撃しかない機体に爆弾を搭載させ爆撃機のように運用するなど、やり込むにつれてプレイの幅が広がっていく。消費アイテムやパイロットスキルなどお馴染みの要素も存在。また機体を塗装してオリジナリティを出すことも可能だ。

アップグレード内容はグラフィックに反映されるのも嬉しい。

「World of Warplanes」は、本日7月18日よりプレイ可能だ。あくまでテスト版となっているのでプレイできる時間に制限があったり課金周りに制限などがあるが、Wargaming.netアカウントさえ取得すれば誰でも基本プレイ無料で体験可能だ。この機会にぜひ本作に触れてみてはどうだろうか。

プレイ可能時間

月~木曜日:毎晩午後6時~翌日深夜1時
金~日曜日:金曜午後6時~月曜深夜1時

(c) Wargaming.net

メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

注目オンラインゲームニュース

注目オンラインゲーム

ArcheAge

ArcheAge

家も所有できる生活系MMORPG

TERA

TERA

超王道!ファンタジーMMORPG

ビビッドアーミー

ビビッドアーミー

島を開発して施設を立てよう!リアルタイムストラテジー

リーグ オブ エンジェルズ3

リーグ オブ エンジェルズ3

美しい女神とともに戦うファンタジーMMORPG

オンラインゲーム検索

DMM GAMES特設サイト
G123.JP特設ページ
オンラインゲーム入門講座

ゲーム専用パソコン

オンラインゲーム推奨PC

ゲーミングデバイス

進化したデバイスで快適プレイ!
キミの可能性を引き出せ!