「マビノギ」連載第3回は「ベニスの商人」をテーマに展開するストーリーなど「ジェネレーション15」の気になるところを開発陣に質問!

「マビノギ」連載第3回は「ベニスの商人」をテーマに展開するストーリーなど「ジェネレーション15」の気になるところを開発陣に質問!

PR 2011年09月28日 17:00 コメント 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

大型アップデート「G15 The First Contract」が本日9月28日に実装されたネクソンの人気MMORPG「マビノギ」。今回、OnlineGamer編集部では実装に先駆け、開発陣に書面インタビューを敢行した。

9月28日に実装されるG15では、シェイクスピアの名作「ベニスの商人」をテーマにしたストーリーが展開、チャプター4のメインストリームは佳境へと入っていく。また、新マップ「ベルファスト島」や、新コンテンツ「交易システム」など、新しいプレイ要素も実装されている。

気になるメインストーリー「ベルファストの商人」の内容は?

G15のメインストーリー「ベルファストの商人」は、まず、ベニスの商人をモチーフにした内容でアントーニオとシャイロックの葛藤を描くストーリーやアントーニオとバサーニオの友情、そしてバサーニオとポーシャのラブストーリーが展開していく。

さらに、シェークスピアの過去を体験しながらミレシアンの由来に迫っていき、また、モリアンとキホールが親しく、純粋だった時代からソウルストリームを形成するようになるまでを追うことができる。

G15では、マビノギ本来の世界観に基づき、女神やミレシアンにまつわるストーリーが進行する。加えて、シェイクスピアの過去の話も進行していくとともに、シェイクスピアの登場も多くなる。そして、狭いエイヴォンの世界だけでクエストが進行されるのではなく、エリン全体がストーリーの舞台となっていく。

今回、そのアップデートの気になる部分を、開発陣に書面にてインタビューする機会が得られたので、その内容をたっぷりと紹介しよう。

ポーシャ バサーニオ アントーニオ シャイロック

開発陣への書面インタビューをお届け!

――コンセプトを「ベニスの商人」に決定した理由を教えてください。

開発陣:チャプター4開始にあたり、マビノギの世界にシェイクスピアが登場することに疑問を持たれた方もおられたかと思いますが、徐々に明かされてきているシェイクスピアの正体を一番よく表現することができる作品が「ベニスの商人」だと思いました。それと共に今度 G15の新しいフィールドであるベルファスト島、そしてそこに繋がる交易システムとよく融合したマビノギだけのストーリーで再誕生する事になりました。


――NPCの中には原作に登場する人もいますが、ゲーム内では原作のイメージに近いかたちで登場するのでしょうか?

開発陣:原作のコンセプトには似たり寄ったりながらも人物関係では原作と違い葛藤を昇華するなどの変化を盛ってみました。またベラと一緒にマビノギオリジナルの人物を加味してマビノギだけの面白いストーリー展開を導き出しました。

――シェイクスピアの物語も佳境を迎えるとのことですが、今回特に注目してほしいポイントはどこになりますか?

開発陣:シェイクスピアの名作「ハムレット」と「ロミオとジュリエット」に引き続き今度のG15では「ベニスの商人」がお目見えします。去るG13とG14は演劇台本上で原作を充実に表現しましたが、今度 G15は演劇舞台を脱してもっと広くてふんだんなエリン全域で話が展開します。特に新しく開かれる新大陸ベルファスト島、そして交易システムも絡み原作と異なるオリジナルなベニスの商人の話を楽しむことができるはずです。また、ベールに包まれていたシェイクスピア、そして神々の話も徐々に明かされていく予定ですので期待していただければと思います。

マビノギの世界で当時の文豪シェイクスピアが登場することに疑問を持たれた方もおられるかと思います。C4でシェイクスピアと彼の作品がお目見えしたことは、もちろん立派な原作をもとにしたふんだんな話を伝えていこうとした部分もありますが、それまでに進行されて来たジェネレーションのストーリーのターニングポイントを画するためでした。

C4のG15はターニングポイントの中心にあると申し上げることができます。今回のG15を通じてシェイクスピアのストーリーを選択した理由がただただ原作を見せるためじゃなかったという事がご理解いただけるでしょう。シェイクスピアもプレーヤーの方々と同じくエリンの世界に大きい変化を与えた人物だからです。もっと隠された内容があるのでこの話は直接プレイして見れば楽しんだらと思います。

――G15ではエリン全体がストーリーの舞台となるそうですが、さまざまなエリアのクエストが相互に作用されるのでしょうか?

開発陣:はい、そうです。G15の話はマビノギに似合うようにプロット及びキャラクターを脚色し、劇場を脱してエリン全域で話が展開します。ここには商人間の葛藤、ラブストーリー、そしてシェイクスピアの過去の話が含まれて、“ミレシアンはどこから来たのか”のような主題も結付されます。

――大規模アップデート実装について一番苦労した点はどこですか?

開発陣:一番力を入れているアップデートは、やはり交易システムです。これまでのマビノギでは見られなかった完全に新しいプレイスタイルを提案しています。

交易では、言葉通りエリン世界を行き来しながら、希少で珍しい品物を売買することになります。刀や魔法の代わりに荷物を持った交易商人になるのです。

初めには荷物を担いで交易を開始しますが、進めていくと、荷馬車や象などを利用したより大規模な交易ができるようになります。交易品を運ぶたくさんの象の行列を想像して頂ければかなり壮観な光景が想像頂けると思います。

特に交易システムの最も魅力的な所は戦闘や探険だけではなく、交易だけを熱心にプレイしていてもキャラクターが成長できるという所です。交易を通じて新しい楽しさはもちろん新しい成長の道も開かれるようになります。

ゴブリン(交易所) オーガ(交易所) インプ(交易所) インプ(銀行)

――G15以降、マビノギはどのように進化していきますか?

交易はプレーヤーの意見で随時修正予定

開発陣:ケアン港地域はそのまま維持されて、カラジェックは航路を変えて新しい港を行き交うように変更されます。また、NPCの移動につきましては、現在検討中の機能的な部分が削除されても、これまでのケアン港の雰囲気はそのまま残しておく予定です。

過去コンテンツも随時補強していきます

開発陣:6、7年サービスを続け、ずっと新規コンテンツを追加してきて、振り返る時が必要でした。過去のコンテンツにも目を向け、G15アップデートではシーズンアップデート単位で大々的な改編を進行し、今後も必要に応じ実施していく予定です。また、精霊武器の改変も考えております。他にもユーザー達の話が多かった浪漫農場に対するアップデート計画もあり、新しい設置物を検討しています。

また、プレーヤーの方々からたくさんのご要望をいただいている“家に入ることができるようにしてください”や“農場でペットを召還することができるようにしてください”なども検討しております。村やダンジョン補強計画に関しては、現在はまずベルファストに集中する予定です。ダンジョンコンテンツ改善に対しては直さなければならない部分が多いということは分かっておりますが、目標ではあまり利用されていないダンジョンの改善を行う方向で検討しており、新しいダンジョンの報酬はミッションとのバランスを合わせる形で企画中です。

日本専用コンテンツの追加

開発陣:2009年ネコ島導入に引き続き今度はパートナーシステムを日本サービスに最初に追加しました。ユーザー達の熱い反応に感謝しながらももうちょっと不足な部分を補って行こうと検討しております。以後も日本ユーザー達の声に耳を傾け、専用コンテンツの企画を継続的に行っていく予定です。

――コアユーザーに向けてマニアックなメッセージをお願いします。

開発陣:今度のG15で交易システムやメインストリームもアップデートされますが、新しいMAPのベルファスト島が登場するので注目して頂けたらと思います。

ベルファスト島は交易システムとメインストリームをプレイするにあって重要な拠点になる島です。ベニスの商人を脚色した“ベルファストの商人”が交易の島ベルファストを中心に展開されるようになります。一応、メインストリームをプレイしながらベルファスト島の新しい自然と村の雰囲気を精一杯楽しんで頂けたらと思います。

そして、この前の6周年オフラインイベント時に“ジェネレーション30まで行くのですか?”という質問がありましたが、ジェネレーション30まで、あるいはその以上続いて行きたいと思っております。

そのために、開発側の目標として、プレーヤーの数を今の倍に増やしていきたいと考えております。これは決して簡単なことではないですが、プレーヤーが増えることで良いスパイラルが生まれ、今のプレイヤーたちが楽しいと思うコンテンツをよりたくさん増やしていくことができます。また、それがプレーヤー増へとつながっていくと信じております。まずは、プレーヤーの方々に喜んでいただけるゲームを作って行くことに力を傾けたいです。

――これから遊ぶ人に向けてメッセージをお願いします。

開発陣:将来希望システムを活用して本人の志向にあわせた戦闘スタイルでレベルをあげながら、ぜひギルドに加入して頂けたらと思います。やはり、同じゲームをプレイする仲間がいれば楽しいと思います。それと同時にやはりメインストリームに挑戦して頂けたらと思います。最近のメインストリームは難易度もあまり高くないので、まずはチャプター4辺りから始めて、その次にはプレイのやりがいがあるチャプター1からのメインストリームを、ギルドの仲間の助けを借りながらプレイすることはどうでしょう。

オーウェン提督 ベラ

マビノギ大型アップデート「G15」の特設サイトもチェックしよう!

シェイクスピアの名作「ベニスの商人」とマビノギの世界観が融合した新しいシステム「交易」が追加され、遊び方にもはばができた今回のアップデート。「神々の話」など今後の展開もチラリと見せた今回の開発者インタビューはいかがだっただろうか。

今後の物語も、ジェネレーション30まで、あるいはその以上続いて行きたいという開発陣の熱い思いと共に、進化を続けるマビノギに今後も目が離せないぞ。

OnlineGamerでは、マビノギの大型アップデート「The First Contract」に向けて、マビノギの様々な情報を掲載している特設サイトを公開中だ。いよいよ9月28日に実施されるアップデートに向けて「交易」コンテンツの内容などもチェックしてみよう!

(C)2003 NEXON Korea Corporation All Rights Reserved.

メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメント

オンラインゲーム検索

OnlineGamerをフォローしよう!

DMM GAMES特設サイト
G123.JP特設ページ
オンラインゲーム入門講座 オンラインゲームにおすすめ!インターネット光回線特集