遊び処 ふくろふ、日本将棋連盟の協力のもと、本日5月14日より正式サービス開始

シグナルトークは、「遊び処 ふくろふ」において、社団法人日本将棋連盟の協力のもと、本日5月14日より正式サービスを開始した。

「遊び処 ふくろふ」について

料亭で将棋を指しているかのような、和の高級感が特長の、月額制オンライン将棋ゲームです。「将棋の間」と「談話室」が実装されています。

26種を有す戦型判定やドラッグ操作による成り選択、ワンクリックでのリスト呼び出しなど、操作性にも工夫を施し、幅広い年代の方にお楽しみ頂けるよう、開発を進めてまいりました。

「将棋の間」では、プロ棋士の公式対局で実際に使用されている、“日向産榧脚付将棋盤”と、“伝統工芸士 国井孝氏の手による将棋駒”で、クオリティの高い、リアルな対局が繰り広げられています。また、オープンβテスト期間中に加わった「感想戦」では、駒の180度回転も可能となっており、対局後に棋譜を見ながらのチャットが楽しめます。

将棋駒はゲーム内でも1枚1枚再現しているため、すべて木目が違います。自陣、敵陣に9枚ずつ、合計18枚の「歩」も、同じものはひとつとしてありません。このビジュアルへのこだわりに、オープンβテスト開催中から、ユーザー様より感嘆のお言葉を頂いております。

「談話室」では、くつろぎの雰囲気を大切にした、これまでにないチャットが実現されています。ゆったりとした会話の流れは、将棋ファンの情報交換の場としても、お楽しみ頂いております。

和の高級感は、題字にも表れています。

「遊び処 ふくろふ」の題字を手掛けるのは、書家の紫舟さん。浜崎あゆみさんのミュージックフィルムから、NHK 大河ドラマ「龍馬伝」の題字まで、日本の伝統的な書を、世界に通用する「意思を表現する」手段として考えながら、幅広く活躍する、日本人女性書道家です。

ゲームの舞台となっているのは、東京・芝 とうふ屋うかい。東京タワーの隣という最高のロケーションを有した、言わずと知れた名店です。「遊び処 ふくろふ」で登場する料亭の風景は、すべて同店のもの。

プレイヤーは将棋や談話を楽しむのみならず、そこに美しい佇まいとおもてなしの雰囲気を、感じることができます。

監修には、片上大輔六段、北尾まどか女流初段を迎え、今後も将棋好きの皆様にご満足頂けるような、魅力あるコンテンツを開発予定です。また、公式ホームページでの文章も、分かりやすく正しい表現となっています。

「ふくろふ」について

ふくろふは「ふくろう」と読み、梟を意味しています。日本では、梟は知恵の象徴・魔除け・招福のシンボルとなっており、「不苦労」、「福老(豊かに年を取る、不老長寿のお守り)」などの当て字を使い、縁起がいいものとされています。

海外では、日本の「招き猫」のような存在となっており、「学芸と知性をつかさどる鳥(ギリシャ神話)」「先見の明を持つ賢い鳥(イソップ物語)」 のように、書物にも登場します。「遊び処 ふくろふ」には、「幸せに満ちた、豊かな時間を過ごして頂きたい」という意
味が込められています。

コメントを書く

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー

遊び処 ふくろふ関連ニュース

ゲーム配信情報

おすすめオンラインゲーム情報

おすすめオンラインゲーム情報