「PUBG」テストサーバーでアップデート26.2が公開!AUGとDragunovのバランス調整に加えチームデスマッチの新マップ「ピラー・コンパウンド」も

KRAFTON JAPANは、PS4/Xbox One/PC(Steam/Epic Games Store)向けにサービスしている「PUBG: BATTLEGROUNDS」のテストサーバーにおいて、アップデート26.2を公開した。

今回のアップデートでは、より均一のとれたARの選択肢を提供するために、AUGの性能が追加で調整されている。AUGの特徴を維持しつつ、水平と垂直反動が増加。しゃがみ状態における反動抑制効果の幅は軽減され、特定の状況下において過度な性能とならないようになっている。

続いて、Dragunovの性能も調整。プレイヤーのフィードバックを積極的に反映し、1分あたりの発射数(RPM)と反動回復が増加している。

チームデスマッチには、新たなマップ「ピラー・コンパウンド」が追加。メインビルとサイドビルで構成されており、プレイヤーの好きな戦闘スタイルに合わせたゲームプレイ環境が提供される。中長距離戦闘をしたいプレイヤーはメインビル、近接戦闘をしたいときはサイドビルへ行ってみよう。また、巧妙に設計されたルートも用意されている。

また、新たなクラフターパス「ブラックマーケット2023」が登場し、これと同時に製作所には特殊製作「ブラックマーケット2023」がオープン。ブラックマーケット2023の特殊製作では、過去大人気な成長型武器スキン4種とクロマが新たに登場する。

製作にはブラックマーケットトークン2023が必要となり、トークンはクラフターパスの報酬やゲーム内ストアで販売されているブラックマーケットアイテムから集めることができる。

そのほかにも、ランクマッチにおけるアンチチートの強化やマッチ開始時における輸送機の航路の表示などが実施。アップデート26.2の詳しい内容は、パッチノート(https://pubg.com/ja/news/6833)をチェックしよう。ライブサーバーでは11月8日のメンテナンス完了後より、26.2のアップデートを楽しめる。

コメントを書く

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー

PUBG: BATTLEGROUNDS関連ニュース

ゲーム配信情報

おすすめオンラインゲーム情報

おすすめオンラインゲーム情報