6月にリリース1周年を迎える、今注目のタクティカルFPS「VALORANT」を紹介!世界大会もいよいよスタート

6月にリリース1周年を迎える、今注目のタクティカルFPS「VALORANT」を紹介!世界大会もいよいよスタート

2021年05月24日 15:00

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライアットゲームズがサービス中のタクティカルFPS「VALORANT」。2021年6月2日でサービス開始から1周年を迎える本作の魅力や注目ポイント、また今後開催予定の大会情報をお伝えしていこう。

今注目のFPS「VALORANT」

PC向けタクティカルFPS「VALORANT」は、世界的にも有名な「リーグ・オブ・レジェンド」などのタイトルを保有するRiot Gamesが初めて開発したFPS。

FPSとはファーストパーソン・シューター(First Person Shooter)の略で、エージェントと同視点で操作するスタイルの3Dアクションシューティングの総称である。画面に表示されるのはエージェントの体の一部か武器のみとなっており、エージェントと視界を共有する一体感、没入感が魅力だ。

より多くのプレイヤーが公平な状態で戦えるように、データセンターは各地域に設置。さらには近頃ゲーム界隈で話題となっているチーター対策にも力を入れており、公式HPでは、“「VALORANT」のチート対策:なぜ、なに、どうやって?”と題し、チート対策についての詳細を発表しているほどだ。Riot Gamesの掲げるプレイヤーファーストの理念によって、ゲーマーに対して最良の環境が整えられているのが本作の特徴だ。

基本プレイはもちろん無料。PCゲームと聞くと、「スペックの高いゲーミングPCを用意しなければ……」と考える人もいるかもしれないが、「VALORANT」には高スペックのPCは必要なく誰でも気軽にプレイすることが可能だ。

FPSには必須!勝利条件とは

続いて、簡単にゲームの流れを紹介していこう。まず初めにマッチすると5vs5の攻撃チーム・防御チームに分けられる。本作ではラウンド制が用いられており、1試合は最大25ラウンド。12ラウンドで攻守交代が行われる。先に13ラウンド先取したチームが勝利となり、12対12の場合はオーバータイムで決着がつく仕組みだ。ラウンド前に購入フェーズという武器やアーマー、アビリティなどの装備を整えるフェーズがあり、各々、戦闘に必要なものを購入していく。

※始めに配布されるのは800クレジット。武器を優先して購入することをおススメする。

攻撃側が勝利するには?防衛側が勝利するには?

各陣営の勝利条件を知っておこう。とてもわかりやすい条件のため、始める前にココだけは必ず押さえておきたい。

攻撃側勝利条件

  1. 制限時間内にスパイクと呼ばれる爆弾を設置し、爆破に成功する
  2. 防衛側を全滅させる

防衛側勝利条件

  1. 制限時間内にスパイクを設置させずに終わる
  2. 攻撃側がスパイク設置後、防衛側が解除に成功する
  3. 攻撃側を全滅させる

クレジット制度

各プレイヤーは「クレジット」と呼ばれる所持金をやりくりし、装備やアビリティーを購入する。購入フェーズは装備品を購入する時間だ。始めたてのプレイヤーはどの武器を買えばいいのかわからなくなるかもしれないが、まずはクセが少ない初心者向けのサブマシンやライフルがおすすめだ。購入した武器は戦闘不能にならない限り、次のラウンドに持ち越すことができるため、本作では生き残ることがとても重要だ。

※冒頭でも説明したがクレジットの初期値は800。敵を倒さずとも自動的にクレジットは増加するので、無理して敵を倒す必要はない。

獲得できるクレジット

勝利:3000
敗北:1900
敵を倒す:200
スパイク設置:300
連敗:500~1000

始める際に意識すべきこと

銃を打つ時は立ち止まる!

後にストッピングといわれる、エージェントの移動をキー入力によって瞬間的に止めるテクニックに繋がってくる。

敵がいそうな場所では走らない!

歩きやしゃがみ移動時は、足音を立てずに移動することが出来る。足音を立てると敵に居場所がばれてしまうため、敵がいそうな場所では走らないように。

おススメ エージェント「フェニックス」

本作では、エージェントごとに「アビリティ」という特殊能力と、強力な「アルティメットスキル」を所持している。どのエージェントを使用するかで立ち回りも大きく変わるのが「VALORANT」の特徴だ。ここでは初心者にもおすすめのエージェント「フェニックス」を紹介していこう。

フェニックス

持ち合わせているスキルがとてもわかりやすく、敵を妨害しつつ、自己回復が可能なエージェント。前線をひとりで戦うことができるため初心者には扱いやすいはずだ。

※「VALORANT」は5vs5で戦うゲームのため、ある程度戦闘になれてきたら、味方との連携を意識しよう。

SPECIAL ABILITIES

Q:カーブボール 

フレアオーブを構える。このオーブはカーブ軌道を描いて飛び、投げてから間もなく炸裂する。「発射」でフレアオーブを左にカーブさせて投げ、炸裂させてオーブを見ていたすべてのプレイヤーの目をくらませる。「オルト射撃」でフレアオーブを右にカーブさせて投げる。

E:ホットハンド 

火の玉を構える。「発射」で火の玉を投げる。この火の玉は投げたあと一定時間が経過するか、または地面に落ちると爆発し、敵にダメージを与える火炎地帯をその場に作り出す。

C:ブレイズ 

炎の壁を用意する。「発射」で前方に向かって一直線に炎を放ち、炎の壁を作り出す。この炎の壁は視線を遮ると共に、通り抜けたすべてのプレイヤーにダメージを与える。「発射長押し」でクロスヘアの方向に壁をねじ曲げる。

X:ラン・イット・バック 

フェニックスの現在位置にマーカーを設置する。このアビリティーの使用中に倒されるか、一定時間が経過すると、フェニックスはこのマーカーの位置にHPをすべて回復した状態で帰還する。

おススメ武器

エージェントと並んで重要なのが使用する武器。武器毎に使用感も異なるので、射撃場である程度クセを掴んでおくといいだろう。また、サブ武器・メイン武器・アーマーはそれぞれ1種類ずつ所持することができることを覚えておこう。

※ショットガンやスナイパーライフルは、扱いにくいため、ファーストチョイスの武器としてはおススメしない。
※アーマに関しては「ライトシールド(耐久度:25ダメージ吸収)」と「ヘヴィシールド(耐久度50ダメージ吸収)」の二種類が存在する。プレイヤーの体力は一律100となっており、アーマーを装備することで、125ないし、150まで底上げ出来る。装備することで、生存率があがることになるので、クレジットに余裕があるなら、「ヘヴィシールド」を購入しておきたい。

サブマシンガン:スペクター

短距離から中距離において、ダメージ、射撃速度、精確さのバランスに優れたオールマイティーな武器で、あらゆるマップの曲がり角などではよく使用される。狙いが定まっていれば、遠くの敵も仕留めることができるのが特徴。

アサルトライフル:ファントム

接近してくる敵にはフルオートで応戦、敵をかく乱するには短いバースト射撃を用いるとよい。静止状態で撃つと真価を発揮する。

試合を見て学ぶ

2021年5月24日(月)から、30日(日)まで、アイスランド レイキャビックにて、「2021 VALORANT Champions Tour Masters - Stage2」という「VALORANT」の世界大会が開催される。日本からはプロチーム”Crazy Raccoon”が出場する予定となっており、活躍を期待したいところだ。試合の流れをつかむには、実際に試合を見ることも大切。プロ選手の動きを見て、頭の中で自分のプレイをイメージしてみるのもいいかもしれない。

今後も注目の「VALORANT」

「VALORANT」は2021年に6月にリリースから1周年を迎える。キャンペーンやパッチノートのアップデートなど、1周年のタイミングで盛り上がることは間違いない。今まで遊んだことがない人も、この機会にぜひプレイしてみてはいかがだろうか。

(C) 2020 Riot Games, Inc.

メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

注目オンラインゲームニュース

オンラインゲーム検索

OnlineGamerをフォローしよう!

G123.JP特設ページ
DMM GAMES特設サイト
オンラインゲーム入門講座