新たな最上位装備や新たな狩場、キャラクターリノベーションの実施も決定!「テイルズウィーバー」15周年感謝祭をレポート

オンラインゲーム・無料ゲームのOnlineGamer
新たな最上位装備や新たな狩場、キャラクターリノベーションの実施も決定!「テイルズウィーバー」15周年感謝祭をレポート

新たな最上位装備や新たな狩場、キャラクターリノベーションの実施も決定!「テイルズウィーバー」15周年感謝祭をレポート

2019年06月01日 19:50

担当:

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネクソンがサービスを行うMMORPG「テイルズウィーバー」。本日6月1日に東京・浅草橋ヒューリックホールにて、オフラインイベント「テイルズウィーバー 15周年感謝祭」が開催された。

本日行われた「テイルズウィーバー 15周年感謝祭」は、その名の通りMMORPG「テイルズウィーバー」の15周年という節目を祝うファン感謝祭だ。

TWプレイヤー垂涎の最新アップデートコーナーやゲーム内楽曲のプレミアムライブ、会場全員参加の○×クイズ大会にプレゼント抽選会と盛りだくさんの内容で行われた。

また、会場では本作の設定資料などを展示するコーナーやキャラクターの等身大パネルが設置されたフォトスポット、またここでしかゲットできないアイテムがラインナップした物販コーナーも設置。多くのユーザーが思い思いに交流を楽しんだ。

中華風アレンジでいつもと違う雰囲気に!「杏仁ショーケストラ」によるプレミアムライブ

イベントが開始すると、まずは「杏仁ショーケストラ」による「TW」楽曲の演奏によるプレミアムライブのコーナーからスタートした。「杏仁ショーケストラ」は、中華ロリータルックがトレードマークの実力派ガールズバンド。KiRiKoさんが演奏する二胡やさくらさんが演奏する中国琵琶など、日本ではあまり見られない楽器による演奏が特徴だ。

今回のプレミアムライブでは、これらの珍しい楽曲から紡がれるアレンジ楽曲ということもあり、普段聴き慣れた「TW」楽曲とはひと味もふた味も違う雰囲気で、ゆったりと美しい音色が響き渡った。KiRiKoさんによると「TW」の楽曲は転調が多いため、演奏するのが凄く難しかったそう。慣れない動きが多かったけれど、楽しかったと振り返った。

新たな最上位装備や新たな狩場、キャラクターリノベーションの実施も決定!

次に行われたのは、本イベント最大の目玉ともいえる最新アップデートのコーナー。まずは直近のアップデート情報が発表された。

MCを担当したGM・ネフニル氏と声優の村井理沙子さん

6月の期間限定宝箱として新たに「夢幻泡影」が発売する。この宝箱からは、日本オリジナルデザインのリアル武器が出現するようだ。武器の能力値は、インファーナル武器並の能力となる予定。また、今回の宝箱マイレージでは、これらの武器のShowArms版が手に入るような内容も予定されている。

実際の装着イメージ

装備の能力値が、刀と魔法双剣を例に紹介された。インファーナル並の能力値になっていることに加え、サブ部位を除く全ての武器には装着時防御力が増加する特殊効果があるようだ。

その他、夏イベント第一弾として以下のイベントも実施される。一部、過去に実施したイベントと同様のイベントとなっているが、詳細は後日発表するとのこと。ちなみに、ハッピーアワーはかなり期間が長いとのことだった。

続いては今回のメインディッシュとなる夏の大型アップデートについてだ。ここでは、新たなストーリー、新たなエリア、新たな装備、システム改変が行われる。

まずは、新たなストーリー。エピソード名は「バリエーション~変奏~」となる。チャプター名についてはいろいろとネタバレになってしまう部分があるらしく、今回は伏せられていた。

今回のエピソード4チャプタ-1では、ランジエ、ミラ、イスピン、シベリン、ロアミニ、イサック、クロエがメインキャラクターに据えられている。普段と比べると非常に多いが、これはエピソード3の完結後、それぞれのキャラクター達が様々な問題や現象に直面するという内容となっていることが理由だ。また、今回名前が挙がらなかったキャラクターにも、いくつかの個別のストーリーが展開されるようなので楽しみにしよう。

エピソード4チャプター1関連のコンセプトアートも紹介された。エピソード4チャプター1では、このような背景マップなどが見られるようだ。

左の画像がイスピンの部屋のような場所で、右はランジエの部屋になるようだ。
ラルサ地域+精霊師の村のような雰囲気の建物。
チャプター内のカットシーンも公開された。

エピソードが追加されるということで新たなNPCたちも登場する。黒塗りのNPCは重要人物ということで詳細は明かされなかった。少し他のNPCとは雰囲気が異なるように感じる。

続いては、夏の大型アップデートで実装される新たなエリア「マーキュリアル洞窟」について。今回のエリアは新しい狩場エリアとなり、サーバー内獲得人数制限がある期間制特別装備が登場するようだ。

マップのイメージは以下の画像のようになるようだ。奇妙な生き物や精霊のようなモンスターが登場する狩場になりそうだ。洞窟ということもあり少し暗いイメージもある。

この狩場でのゲームプレイイメージだが、レベル300程度のプレイヤーが新たなレアドロップを求めてモンスター狩りやボスモンスターへの挑戦を行う狩場となる。既存のマップだと、精霊の神殿と似たようなイメージになるそうだ。レアドロップを求め、通常モンスターの狩りに加えて、1日制限回数の存在するボスモンスターにも挑戦する、というようなエリアだ。

対象レベル、参加可能人数は以下のようになる。今回は、一般フィールドではなく入場時に制限時間のあるインスタンスが形成される形になる。

さらに、エピソード4チャプター1のクリアが入場条件になるようだ。1日制限回数のあるボスモンスターは、1日3回まで報酬が獲得できるという仕様になる予定。

気になるボスモンスターだが、以下の画像の3体に加え、炎のようなものを纏った二足歩行のモンスターのシルエットが公開された。

マーキュリアル洞窟では、新たなレベル300装備、新たなアビリティアイテム、新たな共通スキル、新たな称号、勲章、サーバー内獲得人数制限装備などが手に入る。サーバー内獲得人数制限装備の詳細は後日発表される予定だ。

新たなレベル300装備の詳細も公開。装備名は仮名ではあるが「アクィルスシリーズ装備」となる。これらの装備は、インファーナルシリーズからの進化で入手できるようだ。装備素材を集めて、進化させるというルートで手に入る想定となる。

黒と赤がベースとなった禍々しい見た目の装備となる。
イサックの武器・クローを例に、ステータスも紹介された。
防具は絶賛開発中とのことで、今回体部位のみが公開。

次はシステム改変について。割と最近実装されたとも言えるソウルリンクだが、より利用しやすく、わかりやすいような形へと改変される。

まずは遺物交換について。シンクポイントを利用して、ソウルリンクスキル使用中に得られる効果を変化させる遺物だが、これまでは遺物の所持数や超越回数、遺物のレベルなどによって交換を行うために必要なシンクポイントが増大していった部分を変更して、遺物に必要なシンクポイントは固定化させるように変更される。現状では300が予定されているが、必要ポイント数は今後の調整で変更する可能性がある。

そしてシンクポイントについてだが、シンクレベル、シンクポイント、など少し紛らわしい部分があったため、今回の改変で名称が「ソウルポイント」に変更となる。また、今までのポイント獲得経路以外に、新たにネニャフルポイントとソウルポイントが交換可能になったり、一部勲章と交換ができるようになるなど、獲得経路の拡張が行われる。

超越については、システム自体が削除となる。代わりに、通常のシンクレベルの最大レベルを大幅に拡張し、全てシンクレベルで統一するように変更が行われる。

ソウルリンクスキルの変更については、ガーディアンブレスが対象となる。今まではクールタイムに対して効果時間が短く、恩恵があまり得られないという点があったので、クールタイム、持続時間の変更を行い、今まで以上に使用しやすいように変更される。その他、追加効果も追加されるようだ。

サモンシンカーについても変更が。特に大きい変更としては、呼び出すためにリンクしているキャラクターによって変化する新しいバフ効果が発生するようになる。今まではほとんど使うことがなかったスキルだが、変更後は比較的頻繁に使用してもらえるようなスキルになる予定とのことだ。

最後に、探検システムについても変更が行われる。まずは探検家宝箱が削除される。代わりに、探検完了時に探検ポイントが手に入るようになり、そのポイントを消費して様々なバフ効果などを得られるように変更の予定だ。また、探検可能キャラクター数を増加させ、より探検ポイントを獲得しやすいようにシステム・UIの変更が行われる。

UIは以下のような形に。列ごとに探検グループが作られ、グループごとに探検の行き先の決定を行うような形のUIに変更される。

システム改変については以上だが、回避システムにも改善が実施される。現在、コンテンツ攻略のためには基本的に回避力よりも防御力を高める方向でキャラクターのステータスを構成することが一般的だ。そこで、回避システムを改善し、ステータスの選択肢をより多様化させることを目指したシステム改善が行われる。

まずは、現在も存在しているスーツ+バンドのセット部位効果を改善。そして新たに回避系統のランダムオプションを追加し、回避に関してのシステム変更時に便利な効果となるような改変が予定されている。詳細な情報については、今後のアップデート情報や、GM生放送などで公開されるようだ。

ここまでが夏の大型アップデートの内容だが、ここでは今後の大まかなロードマップも公開された。8月には、つい先日実施されたキャラクターリノベーション1次に続く2次のアップデートが実施される。それ以降に関しては、7月に実装されるマーキュリアル洞窟の拡張に続き、キャラクターリノベーションの3次や新たな上級者向けコンテンツの実装などが予定されている。

キャラクターリノベーション2次の対象キャラクターは、ミラ、イサック、ロアミニの3キャラクターとなる。主な変更方針についてだが、新規スキルの追加、アクションスロットを活用した要素、マスタリー要素の追加が行われる。また、先程の回避システム改善に関連し、回避を利用した防御も可能になるような方針でリノベーションが実施される。

その他、対象キャラクター以外の変更点についてだが、現状以下の3つが決定しているそうだ。魔法攻撃力、魔法防御力の公式適用キャラクターの拡充。そしてロアミニ、ノクターンの再分配時、レベル200固定となっていた点をレベル1からの再分配が可能なように変更される。

全サーバーの命運をかけた○×クイズ!

恒例の○×クイズは、サーバー対抗ではなく、会場に集まった全ユーザーが協力して行うものに。

5問1セットのクイズが2回行われ、残った人数の合計によって全サーバーの全員に配布されるプレゼントアイテムが決定する。

2セット分の生き残り合計人数が150名で最大数のアイテムが手に入るのだが、なんと1セット目で正解者が180名と、一発で全てのアイテム獲得が決定。この結果を受けて、追加報酬が急遽決定。1セット目と2セット目の合計生き残り人数が300名以上で、「アバター強化カード」と「アバター宝箱『鏡花水月』」がさらに追加されることに。

2セット目は、問題が全体的に難しかったこともあり、1セット目に比べると生き残った人数は少なめ。追加報酬が獲得できるか微妙なラインだったが、結果は122名。合計302名でギリギリ追加報酬までが確定した。

イベントで出題されたクイズと答えは以下のようになっている。

イベントは、豪華賞品が当たるプレミアム抽選会のコーナーで終幕となった。各種「TW」グッズや旅行券にプラチナ製WebMoneyカード、描き下ろしのイラスト&サイン色紙など、今年も様々なアイテムがラインナップしていた。

Copyright (C) 2009 NEXON Corporation and NEXON Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.

メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

注目オンラインゲームニュース

注目オンラインゲーム

TERA

TERA

超王道!ファンタジーMMORPG

マジックオブアーク

マジックオブアーク

一騎当千の爽快感!ファンタジーMMORPG

セルリアンホライズン

セルリアンホライズン

広大な世界を航海しよう!オンラインRPG

ラグナロクオンライン

ラグナロクオンライン

職業50種類以上!コンテンツが豊富なオンラインRPG

オンラインゲーム検索

DMM GAMES特設サイト
G123.JP特設ページ
オンラインゲーム入門講座

ゲーム専用パソコン

オンラインゲーム推奨PC

ゲーミングデバイス

進化したデバイスで快適プレイ!
キミの可能性を引き出せ!