サービスタイトルの新情報やスマホ向け新作MMOも発表!「ヴァロフジャパン Presents 新作発表会&『アトランティカ...

オンラインゲーム・無料ゲームのOnlineGamer
サービスタイトルの新情報やスマホ向け新作MMOも発表!「ヴァロフジャパン Presents 新作発表会&『アトランティカ』ファン感謝祭 2018」をレポート

サービスタイトルの新情報やスマホ向け新作MMOも発表!「ヴァロフジャパン Presents 新作発表会&『アトランティカ』ファン感謝祭 2018」をレポート

2018年07月17日 12:37

担当:

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴァロフジャパンは、7月14日に「ヴァロフジャパン Presents 新作発表会&『アトランティカ』ファン感謝祭 2018」をe-sports SQUARE AKIHABARAにて開催した。

本イベントは2部構成で行なわれ、1部では「ヴァロフジャパン Presents 新作発表会」、2部では「『アトランティカ』ファン感謝祭 2018」が行なわれた。

ヴァロフ 開発理事のキム・ジョンイル氏。
「去年に引き続きお会いできたことを光栄に思います。」と挨拶を述べた。
「LEGACY OF ATLANTIS」「KRITIKA R:evolution」についての発表を行なった石川佳典氏。

1部の目玉はスマートフォン向け新作アクションMMORPG「LEGACY OF ATLANTIS」の発表だ。「アトランティス」という栄華を極めた文明があり、そこでは「アトランティスの心臓」が文明の鍵になっていたのだという。この「アトランティスの心臓」を求めて人間とエルフによる種族を越えた戦争が始まるというのが本作のストーリーだ。

冒険の舞台となる「カレドニア大陸」には、人間が治める「ペンドラゴン王国」とエルフが治める「エルフヘイム王国」という2つの国があり、この大陸を舞台に人間とエルフの争いが描かれる。ペンドラゴン王国からは国王「アーサー」、相棒「ドロシー」、団長「ガラハッド」が、「エルフヘイム王国」からは指導者「プロキオン」、魔法使い「フレイヤ」、参謀「カペラ」という6人のキャラクターが紹介された。もちろん他にもたくさんのキャラクターが登場し、物語が紡がれていくのだという。

ゲームシステムは、“リアルタイム”、“タッグ”、“チームアクション”が組み合わさった「レジェンダリーマルチアクション」が採用され、、爽快感と戦術性を楽しむことができるという。本作には3つのモードがあり、ストーリーの真相に迫る「ストーリーモード」、強大な敵に仲間と協力して立ち向かうレイドモード「龍の巣」、そして1対1で他のプレイヤーと実力を競い合うPvPモードなど自由な楽しみ方ができる。

サービス開始は2018年9月を予定しており、詳細なゲームシステムなどについては随時情報を公開していくそうだ。事前登録も開始しており、ゲーム開始時に役立つアイテムが入手できるとのことだった。

続いて現在サービス中の「KRITIKA R:evolution」についても発表があった。既報の通り本作は「KRITIKA」のリニューアルバージョンで、ゲームパッドの対応したほか、疲労度の撤廃、翻訳精度の向上などが行なわれている。

本作の新情報としては、ビジュアルが公開されていた新職業「スチームウォーカー」であることが発表された。現在鋭意製作中で、早ければ9月を目処に実装予定だという。最後に本作は日本限定のスペシャルバージョンなのでプレイヤーから意見をもらえれば実装・調整される可能性があるという。サポートページやTwitterなどでぜひ意見を寄せてもらえればとのことだ。

最後にMMORPG「アトランティカ」運営統括のキム・デナム氏より今後の「アトランティカ」のロードマップについて発表があった。

アトランティカ運営統括のキム・デナム氏

近々のアップデートとして「剣闘場」というコンテンツが追加されるという。このコンテンツは傭兵と傭兵の戦いにゴールドを賭けることができ、勝敗を当てることでゴールドを入手できる。少ない賭け金で大儲けできる可能性もあるとのことだ。

そして3Q(10月~12月)は「ペットシステム」の導入を予定しているという。アトランティカはメインキャラクターと傭兵の組み合わせがキーポイントのゲームだが、そこにペットという新しい要素が追加されゲームの幅がさらに広がるという。

その後の4Q(2019年1月~3月)には「メインキャラクタータッグシステム」が実装予定だ。このシステムによりPvP用の構成、PvE用の構成で悩むことなく素早く交代することができるという。

それらのアップデート以降も新エリア「アンタルク地域」や、さらなるストーリー展開の追加なども予定しているという。 また、サポート体制の改善も発表された。今後は48営業時間以内に返信をできる環境を整えるとのことなので、改めて本作に力を入れていく方針が明らかとなった。

ヴァロフジャパン 運営のキム・キョンムン氏
ヴァロフジャパン 運営のキム・キョンムン氏

そして第2部では日本のトップランカーと韓国の開発クリエイターによる対戦イベントが開催され、イベントは終了した……。

かのように見えたのだが、生放送が配信されていないところで、ヴァロフジャパン運営のキム・キョンムン氏が登壇し、Q&Aコーナーが開催された。

基本的にスライド情報の通りとなっているので、詳細は下記の画像にて確認して欲しい。

さらに準備されていた質問以外に回答するシーンも。こちらは以下に内容をまとめて記載する。

――公式Twitterの中の人が交代してからフレンドリーなツイートが少なくなったので、以前のようなフレンドリーなツイートに戻りませんか?

キム・キョンムン氏:難しい部分があるのですが、これから改善していけるように検討します。

――プレイし始めてから4ヶ月目なのですが、新規プレイヤーにとっては一部の傭兵スキル書の入手が困難なので改善してほしいです。

キム・キョンムン氏:新規の方向けのイベントなども検討していますので、そちらでフォローさせていただければと思います。

――プレイし始めてから5ヶ月目なのですが、期間限定などで現状入手できない傭兵がいるので、入手できるようにしてほしいです。

キム・キョンムン氏:再販の要請も多いので検討していきます。逆に問い合わせに連絡をいただければ検討の材料にします。

――遅い時間にしかプレイできないので24:00の無限リーグが開催されない事が多いので、人数が少なくても開催されるようにしてほしいです。

キム・キョンムン氏:決まった人数が参加するタイプのイベントなので、難しい部分もあるのですが、見直せるところは見直していきたいですし、少ない人数でも楽しめるイベントを考えています。

MCのドグマ風見さんと、アシスタントMCの荒浪和沙さんがイベントを盛り上げた
対戦を行なったのは左から日本のトップランカーの、Hibariさん、そらぼーさん、とーまさんと、
韓国クリエイターのアトランティ仮面氏
結果は日本チームが2戦を勝ち取った。日本チームのレベルの高さにアトランティ仮面氏は
「素晴らしい試合で、改めて『アトランティカ』に向かい合いたいと思いました」と話していた。

ロードマップの発表から答えにくいであろうQ&Aの回答まで、まさに「感謝祭」という名に相応しいイベントだった。今後のアトランティカにも期待しよう。

Copyright (C) VALOFE Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
Copyright (C) ENDOORS Corporation. All Rights Reserved.

メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

注目オンラインゲームニュース

注目オンラインゲーム

TERA

TERA

超王道!ファンタジーMMORPG

アルピエル

アルピエル

可愛いあの子と学園生活!ファンタジーアクションRPG

ArcheAge

ArcheAge

家も所有できる生活系MMORPG

ラグナロクオンライン

ラグナロクオンライン

職業50種類以上!コンテンツが豊富なオンラインRPG

オンラインゲーム検索

G123.JP特設ページ
DMM GAMES特設サイト
オンラインゲーム入門講座

ゲーム専用パソコン

オンラインゲーム推奨PC

ゲーミングデバイス

進化したデバイスで快適プレイ!
キミの可能性を引き出せ!