アナベルシークレットチャプターが6月21日に実装!「ソード・オラトリア」とのタイアップも発表された「テイルズ-サマーフェスティバル2017-」

アナベルシークレットチャプターが6月21日に実装!「ソード・オラトリア」とのタイアップも発表された「テイルズ-サマーフェスティバル2017-」

2017年06月10日 19:00

担当:

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネクソンは本日6月10日、「テイルズウィーバー」のオフラインイベント「テイルズ-サマーフェスティバル2017-」を東京・品川のTHE GRAND HALLにて開催した。

毎年恒例となっている「テイルズウィーバー」のオフラインイベント。今回のテーマ「サマーフェスティバル」ということで、最新アップデート情報の先行公開やテイルズプレミアムミュージックライブ、お楽しみゲーム大会など、盛りだくさんの内容となった。ここでは、ステージイベントの模様をレポートする。

Vanilla Moodによるライブで幕開け!

ステージの幕を飾ったのは、これまでもオフラインイベントへの出演やアレンジなどで「テイルズウィーバー」とも馴染みの深いVanilla Moodによる楽曲の披露だ。

今日のために新たにアレンジしたというタイトル過去BGMのメドレー「Tales are about to be weaved ~ And, Don’t Forget ~ Carnival town ~」から始まり、続いては自ら制作したことから思い入れの深い、忍び桜の里マップ BGMの「紅唇」を会場に響かせる。

さらにはイントロクイズという趣向を凝らした、巡礼者の村マップ BGMの「Third Run」も披露されるなど、「テイルズウィーバー」の印象的な楽曲の数々が楽しめるステージとなった。

Vanilla Moodのメンバーは、忍び桜をイメージしたという和風テイストの衣装に身を包んだ。
(左から)MCの渡辺順子さんと声優の村井理沙子さん。
村井さんは昨年のイスピンに続いて、ティチエルのコスプレ姿で登場した。

ゲーム内のシステム改変から次期タイアップまで!アップデート情報が公開

ネフニル氏
ネフニル氏

第2部では、「テイルズウィーバー」で今後予定されているアップデート情報の数々が、ネクソン 「テイルズウィーバー」運営チームのネフニル氏より発表された。

まずは、ドロップシステムを改変することが明らかに。具体的に何を変えていくのかというと、レアアイテム獲得時に演出を追加、またドロップされたアイテムに特殊なエフェクトが示されるようにして、ドロップアイテムのレアリティ判別を可視化できるようにするという。これにより、地面に落ちているアイテムが認識しやすくなっている。

併せて、レアドロップ率上昇アイテムの仕様も変更となり、ボス宝箱への適用など、上昇効果の適用範囲が拡大される。また、パーティプレイ時のレアアイテムドロップの仕様が変更される。

上記の仕様変更と並行して、新たにランダムオプションシステムが実装されることが明らかに。これは装備獲得時にランダムで特殊なオプション効果が設定されるという仕組みで、一定確率で発動するもの、特定条件下で発動するものなど、さまざまな効果が実装予定だ。

ランダムオプション適用部位はほぼ全てで、
キャラクターの強化をはじめとしたさまざまな効果が実装される。
わかりやすく例として、「攻撃時、一定確率でメテオスキル発動」というランダムオプションを披露。
これをより効果的なものに置き換えてもらうイメージだという。

加えて、ランダムオプションの転移システムも用意。ランダムオプションが付与されたアイテムから特定のランダムオプションを選択し、他アイテムにランダムオプションを転移したり、数値の変更をすることが可能。ただし、費用として特定の素材とSEEDが必要となり、アイテム等級によって異なる。

装備強化システムリニューアル第3弾では、マジックルーレット、エンチャント、インクリ、継承の4種のシステムが装備強化システムウィンドウより利用可能に。それぞれ以下のような仕様となっている。

マジックルーレットは費用が大幅に削減。会場では開発画面を用いて仕組みを紹介した。
エンチャントには失敗補正値機能が追加。失敗した際のリスクが軽減されている。
インクリでは、SEEDを消費して装備アイテムの合成回数を減らすことが可能に。
費用となるSEEDは装備のレベルなどによって変動する。

そして新たな要素である「継承」は、利用すると装備強化効果を同じ等級以上の装備へ引き継がせることができるというものだ。継承は同一部位のアイテム間でのみ利用可能、継承にはSEEDが必要となる。

近日中に行われるアップデートとしては、2017年5月末に実装したイスピンシークレットチャプターに続き、アナベルシークレットチャプターが6月21日に実装されることが発表。今回はストーリーに準じて、アナベルのウェイトレス姿が楽しめるShowArmorが用意される。

前回実装されたイスピンのShowArmorができるまでのラフイラストも公開。
シークレットチャプターのShowArmorは今後染色可能にする予定とのこと。
6月21日より開始予定のイベント報酬も公開された。
和風テイストのShowArmorが公開されると、会場からはどよめきが。

そして最後に、次期タイアップ情報として現在TVアニメ放送中の「ソード・オラトリア ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝」とのタイアップが今秋に行われることが発表に。今後の続報にも期待しよう。

サーバー対抗による“ゼリッピ大玉転がし”や「13周年記念ファンアートコンテスト」の結果発表も!

これまでのオフラインイベントではサーバー対抗のクイズ大会が恒例となっていたが、今回のイベントでは趣向を凝らして、サーバーごとに色の異なる巨大なゼリッピを用いての「ゼリッピ大玉転がし」なるゲーム大会が行われた。対決は計3回に渡って行われ、優勝したゼルナサーバー、準優勝のエルフィンタサーバーにはそれぞれ以下のゲーム内アイテムがプレゼントされることとなった。

第3部では、事前に募集したファンアート28作品からイラスト、ゲーム内アイテムアートの2部門、計8作品(優秀賞)が展示されていた「13周年記念ファンアートコンテスト」より、当日来場したユーザーの投票で決定した、最優秀賞2作品が発表されることに。クオリティの高いファンアートが揃う中、最優秀賞に輝いたのはたゆはねさん、Emyurayさんの2人。どちらも作り込みからタイトルへの思いが感じられるものになっていた。

イラスト部門 最優秀賞のたゆはねさんによる「13周年おめでとう!!」
アイテムアート部門 最優秀賞のEmyurayさんによる「みんなでお祝い」

そして出演者が再びステージ上に集結して行われたプレゼント抽選会では、13周年を記念して制作された置き時計やデスクマット、タオルケットなど、多種多様なアイテムが抽選によってユーザーにプレゼントされた。

会場の様子をお届け!

会場内ではステージイベントのほかにも、さまざまな催しが行われていた。最後にそれらの模様を紹介していこう。

夏をイメージしたビーチバー「テイルズウィーBar&ギャラリー」を設置。
バーカウンターには「テイルズウィーバー」のグッズが展示されていた。
クエストシートに書かれた謎に挑戦し、見事解き明かすと賞品がもらえる「アナベルの探し物」。
ゼリッピ型の付箋に願い事を添えて貼るメッセージパネル
「ゼリッピに願いを!フォトパネル」も設置されていた。
オリジナルグッズの物販コーナー「ティルズウィーバーLabo SHOP」。会場限定のグッズのほか、
ゲーム内のアバターとラバーストラップがセットになったリアルガチャも行われた。
Copyright (C) 2009 NEXON Corporation and NEXON Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.

メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

注目オンラインゲームニュース

オンラインゲーム検索

OnlineGamerをフォローしよう!

G123.JP特設ページ
DMM GAMES特設サイト
オンラインゲーム入門講座