謎に包まれた「βプロジェクト」や大型アップデートの情報も飛び出した「ラグナロクオンライン ファン感謝祭2013」レポート

謎に包まれた「βプロジェクト」や大型アップデートの情報も飛び出した「ラグナロクオンライン ファン感謝祭2013」レポート

2013年04月29日 21:40

担当:

このエントリーをはてなブックマークに追加

ガンホー・オンライン・エンターテイメントは本日4月29日、TOKYO DOME CITY HALLにてオフラインイベント「ラグナロクオンライン ファン感謝祭2013」を開催した。

TOKYO DOME CITY HALLで行われた今年の「ラグナロクオンライン ファン感謝祭」は、スマートフォン向けパズルRPG「パズル&ドラゴンズ」のファンイベント「パズドラ ファン感謝祭2013」と共同での開催。

メインステージでは、「Ragnarok Online Japan Championship 2013」決勝トーナメントや対人戦アトラクション「ラグナロク バトルロイヤル 決勝戦」が行われたほか、「JAM Project」や「G・O・S (Guild Of the Secret)」のライブ、ドラマCD第3弾に出演した声優・小林ゆうさんのトークショウ、コスプレイヤーが集結した「スペシャルコスプレステージ」など、多彩なイベントが実施された。

スペシャルコスプレステージの様子。

また、そのほかにも「忍者」の上位職である「影狼(かげろう)」&「朧(おぼろ)」が実装前にプレイできる先行体験コーナーや、ファン渾身のゲーム内アイテムデザインやイラストの展示・投票を行う「アイテムデザイン&イラストコンテスト2013 コーナー」も設けられており、会場全体が「ラグナロクオンライン」一色に染まっていた。

会場には、PS Vitaで発売予定の「ラグナロクオデッセイ エース」もプレイアブル出展。

本稿では、最新アップデートや今後のプロモーション展開が語られたカンファレンスと、白熱の闘いで大いに盛り上がった各大会の模様をお届けしよう。

カンファレンスでは大型アップデート「Episode9.1 Eclage【エクラージュ】」や「βプロジェクト」の情報が明らかに

左から中村聡伸氏、千葉亮一氏
左から中村聡伸氏、千葉亮一氏

メインステージで行われたカンファレンスコーナーでは、「ラグナロクオンライン」運営チームの中村聡伸氏、千葉亮一氏が登壇し、2013年5月以降に実装されるアップデートや、新プロジェクトに関する情報を公開した。

まず、最新の大型アップデートとなる「Episode9.1 Eclage【エクラージュ】」が5月14日に実装。ラフィネ族の首都を舞台に、新たな仲間と出会い物語が紡がれていくという。スクリーンには美しい新フィールドや、新アイテムも映し出されていた。

さらに「Episode9.2 決戦(仮)」が実装予定であることも発表された。また、本アップデートとは直接の関係はないものの、4月30日より「Episode9.1」以前のアップデートアイテムが買取露店対象になる。

次に、3年振りの新職業となる忍者の上位職「影狼」「朧」が6月から7月頃に実装される。「影狼」は影の力を行使する物理攻撃タイプ、一方の「朧」は、月の力を行使する魔法攻撃タイプだ。また、実装前に先行体験会や応援キャンペーンを実施予定であることも明かされた。

さらに新コンテンツとして「英雄の痕跡」が今秋に実装となることも明らかになった。こちらでは、原作コミックにまつわるキャラクターが登場するメモリアルダンジョン「サラの記憶」「フェイスワームの巣」「呪いの剣士」「ゲフェン魔法大会」「魔人の塔」が順次展開されていく。

昨年のワールド統合時に発表されたサブ倉庫が、今後も永続使用可能となり、メイン倉庫+サブ倉庫合計で1,200種類を倉庫に保管できるようになる。これには期待していたファンも多かったようで、会場からは大きな歓声が沸き起こっていた。

過去のアイテムデザインコンテストで銅賞受賞作品を含めたラインナップの「コスたま」第11弾が5月7日から6月4日に発売となる。

ここからは「ラグナロクオンライン」のプロモーション展開に関する発表が行われた。まず、5月19日に、「ALIENWARE ARENA in サイバック博多駅前店オープン記念ラグナロクオンライン ネットカフェイベント」を開催。「影狼」「朧」の先行体験や「ラグナロクオンライン ひみつギルド」出張生放送、スペシャルユニット「G・O・S」のミニライブなどを予定。さらに当日0:00から23:59の間、会場限定で経験値が2倍になり、アイテムドロップ率もアップする。

昨年は全国6ヶ所にて開催したポリンカー全国行脚ツアーが、今後も全国10ヶ所にて実施予定であることも明らかに。また、ラグナロ娘・乾曜子さん主催のコスプレ撮影会イベントも開催予定だという。さらに昨年に引き続き、8月31日に開催される「第32回浅草サンバカーニバル」に出場することも決定。

そして、「ラグナロクオンライン10th アニバーサリードラマCD」の第4弾が今秋に発売決定。会場では、緑川光さん、下野紘さん、三木眞一郎さんが出演することも発表された。

大会関連の最新情報としては、参加人数や代表ギルドの選出方法などのルールを刷新した「ワールド対抗戦2013 2nd シーズン」が今秋に開催されることが発表。また、「Ragnarok World Championship(RWC)2013」が、11月24日にベルサール渋谷ガーデンで実施となる。

昨年発売された「10th アニバーサリーパッケージ 豪華版」の特典として登場したアレンジBGM企画が新たに始動。新しいアレンジャーを起用し、2013年冬に展開する予定だという。

さらにここで、すべてが謎に包まれた「βプロジェクト」が発表された。こちらは近日中に詳細を明かすそうなので、続報に期待しよう。なお、このプロジェクトに関して中村氏は「10周年を迎えた『ラグナロクオンライン』でなければできないプロジェクト」だと語っていた。

そのほか、モンスターに残りHPバーが表示されたり、矢や弾丸の残数が状態情報アイコン表示されたりといった、各機能のアップデートを準備・検討中であることや、ガンスリンガー上位職「リベリオン」のドット絵なども公開されていた。

「ラグナロク バトルロイヤル」&「Ragnarok Online Japan Championship 2013」決勝ラウンド

また、会場では「ラグナロク バトルロイヤル」と「Ragnarok Online Japan Championship 2013」という、2つの大会の決勝ラウンドも開催された。

まず「ラグナロク バトルロイヤル」は、職業、レベル、スキル、ステータスが同じキャラクター4人が、最後の1人になるまで戦うバトルロワイアル形式の大会。1試合の制限時間は3分間で、相手を倒すたびに「証」というアイテムが手に入る。2人以上のプレイヤーが制限時間まで生き残った場合は、証の所持数が多い人が優勝になる。

決勝戦まで残った4人のプレイヤーは、ここまで勝ち残ってきただけあって、牽制しあうこともなく、バトル開始直後からぶつかり合う。今回のバトルロイヤルで使用するキャラクターは、高速攻撃で相手を攻める「羅刹破凰撃」タイプということで、序盤から激しい打ち合いが展開。最終的に上手くキャラクターの頭数を減らしつつ、一対一になると氷結攻撃を効果的に決めたプレイヤーが優勝を掴みとっていた。

そして、本イベントの最後に実施された、多人数vs多人数で行うトーナメントバトル「Ragnarok Online Japan Championship 2013」の決勝戦。こちらは最大5戦が行われ、先に3勝をしたチームが勝利となる。

決勝まで勝ち残ったのは、Cブロック代表ギルド「Northern_Code」と、Hブロック代表ギルド「10Second」。1戦目は相手の主要職を効率よく倒していった10Secondが勝利、しかし、2戦目はNorthern_Codeが反撃に転じ、一対一の同点に持ち込む。その後、3戦目は10Secondが勝利し王手をかけるが、4戦目はNorthern_Codeが奪い、どちらも一歩も引かない好勝負を繰り広げる。

そして5戦目は、序盤こそお互いに慎重な立ち回りを見せるものの、一瞬の隙を突いたNorthern_Codeが相手の主力職業を立て続けに撃破、さらに攻勢を続け見事に勝利。常にリードされる逆境をはねのけ、優勝を掴みとった。

(C) Gravity Co., Ltd. & Lee MyoungJin(studio DTDS). All rights reserved.
(C) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

注目オンラインゲームニュース

オンラインゲーム検索

OnlineGamerをフォローしよう!

DMM GAMES特設サイト
G123.JP特設ページ
オンラインゲーム入門講座