• 3.00
ラングリッサー シュヴァルツ、楽曲担当は「岩垂徳行氏」テーマソングは「Gero氏」が担当&インタビュー動画を本日公開

ラングリッサー シュヴァルツ、楽曲担当は「岩垂徳行氏」テーマソングは「Gero氏」が担当&インタビュー動画を本日公開

2011年06月10日 13:26

このエントリーをはてなブックマークに追加

ガマニアデジタルエンターテインメントは、「ラングリッサー シュヴァルツ」において、本日6月10日、楽曲担当「岩垂徳行氏」、テーマソング担当「Gero氏」のインタビュー動画を公開した。

20 周年を迎える「ラングリッサー」が岩垂氏の手によりさらに進化

この度、「ラングリッサー シュヴァルツ」の楽曲を担当する岩垂徳行氏は、ゲーム音楽を数多く手掛けてきた作曲家で、「ラングリッサー」全シリーズの楽曲担当者でもあります。

岩垂氏によって新たに生み出されたBGM は、繊細なリズムでゲーム中の三勢力「光」・「帝国」・「闇」の個性を鮮明に表現し、プレイヤーにまるでゲームの世界に入り込んだような錯覚を抱かせます。

岩垂徳行氏からのコメント

ラングリッサー シュヴァルツ、楽曲担当は「岩垂徳行氏」テーマソングは「Gero氏」が担当&インタビュー動画を本日公開の画像

「ラングリッサー」は多くの人にとってシミュレーションゲームの代名詞とも言えるタイトルだと思います。

オンライン版の「ラングリッサー シュヴァルツ」は懐かしいストーリーや特徴が再現されているだけでなく、アクション性や戦略性が増し、よりエキサイティングなゲームになることでしょう。

音楽についても、「ラングリッサー」のストーリー性やインパクトを再現できるよう尽力しました。

動画サイトで人気の歌い手Gero 氏がテーマ曲を熱く歌い上げる

岩垂氏によって生み出された「ラングリッサー シュヴァルツ」の主題歌「Light and Shadow」を歌うのは、動画投稿サイトで注目を集め、現在も多方面で精力的に活動中のGero 氏。昨年行われた「東京ゲームショウ2010」当社ブースでのライブステージで、その歌声を披露しました。

岩垂徳行(いわだれ のりゆき)

ツーファイブ所属の作曲家。主にゲーム音楽の作曲・編曲を手掛ける。代表作に「逆転裁判」シリーズ、「グローランサー」、「大乱闘スマッシュブラザーズX」等がある。

Gero 氏からのコメント

ラングリッサー シュヴァルツ、楽曲担当は「岩垂徳行氏」テーマソングは「Gero氏」が担当&インタビュー動画を本日公開の画像

昨年の東京ゲームショウでは、ガマニアさんにお招きいただき「ラングリッサー シュヴァルツ」のテーマ曲「Light and Shadow」をライブで歌いました。

今年はまさに「ラングリッサー」発売20 周年ですし、僕も「ラングリッサー シュヴァルツ」をプレイしてみたいと思っていますので、サービス開始を非常に楽しみにしています!

Gero(げろ)

動画投稿サイトに自身が投稿した歌の動画が話題となり、歌い手として活動を始める。CD やライブイベントに多数参加している。

メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

ラングリッサー シュヴァルツ公式サイトをチェック!

注目オンラインゲームニュース

オンラインゲーム検索

OnlineGamerをフォローしよう!

DMM GAMES特設サイト
G123.JP特設ページ
オンラインゲーム入門講座