ウォーゲーミングがベオグラードとワルシャワに新オフィスを開設―ロシアとベラルーシからの撤退に伴う組織再編の一環として

ウォーゲーミングがベオグラードとワルシャワに新オフィスを開設―ロシアとベラルーシからの撤退に伴う組織再編の一環として

2022年06月14日 18:01 コメント 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーゲーミングは、組織再編計画の一環として、セルビアのベオグラードおよび、ポーランドのワルシャワに新オフィスを開設すると発表した。

今回の組織再編計画は、先日発表されたロシアとベラルーシからの事業撤退に伴うものとなっている。今回開設される新オフィスは、キプロスのニコシア、リトアニアのビルニュス、チェコのプラハ、英国のギルフォード、ドイツのベルリンに次ぐ第6、第7番目のオフィスになり、最大400名のスタッフを受け入れる予定としている。

Wargaming Belgrade(ウォーゲーミング ベオグラード)は、セルビア国内外の才能ある従業員を開発およびパブリッシングチームとして引き入れ、多数の拠点より移り住む、ウォーゲーミング従業員の重要な拠点になる予定だという。同スタジオは、同社が運営・開発している戦車アクションゲーム「World of Tanks」と海戦アクションゲーム「World of Warships」向けの主要運営サービス拠点となり、新製品開発の重要な拠点にもなるようだ。

また、Wargaming Warsaw(ウォーゲーミング ワルシャワ)は、ウォーゲーミングの組織再編が継続する中で、現時点において小規模のパブリッシングチームと更なる開発計画の構想を練る場になるという。

さらに、ベオグラードでのオフィス開設の一環として、現地のゲーム業界を志す才能あふれる人材育成をサポートすべく、大規模なインターンシッププログラム「Wargaming Forge」を実施することが発表された。こちらのプログラムは、現地の学生、新卒、ジュニアレベルの業界経験者向けに実施予定となっており、同社に勤務する経験豊富なベテラン指導者やメンターによって指導され、参加者の技術向上を目指すとしている。

プログラムの詳細が気になる人は公式サイト(英語)も確認してほしい。

ウォーゲーミングコメント

「ベオグラードとワルシャワは、目まぐるしい技術開発の最先端を突き進みながら非常に大きな可能性を秘めた、新天地として弊社が選択するに相応しい地です。最高クラスのゲーム開発とパブリッシングチームを形成する為に両都市のIT産業コミュニティと密になって事業を展開していくことが今から既に楽しみです。ウォーゲーミングは今後に向けた、大きなプロジェクトを社内で推進しています。ベオグラードとワルシャワは、弊社にとってこの目標を達成する鍵になります。」

ウォーゲーミング CEO ビクター・キスリー(Victor Kislyi)

(C) 2012–2022 Wargaming.net.

メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメント

オンラインゲーム検索

OnlineGamerをフォローしよう!

G123.JP特設ページ
DMM GAMES特設サイト
オンラインゲーム入門講座 オンラインゲームにおすすめ!インターネット光回線特集