ロックワークス、「ブラウザサクラ大戦 (仮)」の国内向けリリースを発表

ロックワークス、「ブラウザサクラ大戦 (仮)」の国内向けリリースを発表

2010年11月18日 11:00

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロックワークスは、「サクラ大戦」シリーズのライセンス許諾を受け、「ブラウザサクラ大戦(仮)」の制作を開始し、国内向けにリリース予定である事を発表した。

ロックワークス、「ブラウザサクラ大戦 (仮)」の国内向けリリースを発表の画像

「ブラウザサクラ大戦(仮)」は、家庭用ゲームとしてシリーズ累計450万本以上のセールスを記録する「サクラ大戦」シリーズの世界観に基づくブラウザを使用したオンラインゲームです。

ロックワークス、レッド・エンタテインメント、株式会社トリニティゲームスタジオ(本社:東京都中野区 代表取締役社長:谷川 一、以下トリニティゲームスタジオ)の3社共同事業として製作され、ゲーム運営はロックワークス、企画原案及びアートワークはレッド・エンタテインメント、ゲーム開発はトリニティゲームスタジオが担当し、サービス開始を目指しております。

近年、SNSアプリの市場拡大やスマートフォン市場の拡大などオンラインゲーム市場を取り巻く環境は大きく変化しております。

しかし、それら環境の変化はオンラインゲーム市場の活性化を意味するものでもあり、3社は「サクラ大戦」シリーズを通して拡大する市場ニーズに適合するサービスを提供してまいります。

また、「ブラウザサクラ大戦(仮)」は「サクラ大戦」の魅力を余すところなく生かし、「サクラ大戦」シリーズファンや既存のオンラインゲームユーザーはもとより新たな顧客の獲得をも目指してまいります。

今後の情報は、「ブラウザサクラ大戦(仮)」公式ホームページ並びに報道発表にて公開を予定しております。

サクラ大戦とは

「サクラ大戦」は、原作:広井王子、脚本:あかほりさとる、キャラクターデザイン:藤島康介、音楽:田中公平、製作:セガ、企画:レッド・エンタテインメントという各界を代表するクリエイターたちが手を結び、セガサターン用ゲームソフトとして1996年9月27日に発売され、セガサターンオリジナルタイトルとして最高のセールスを記録。

これまでにシリーズ累計450万本以上のセールスを誇る、日本を代表するキャラクターゲームです。
第1作誕生から15周年を迎える来年2011年はこの「ブラウザサクラ大戦(仮)」以外でも様々な展開を予定しております。

(C)SEGA(C)RED
製作:RED / TRINITY.GS
Published by RoCWorks Co.,Ltd.

メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

サクラ大戦 太正浪漫学園譚公式サイトをチェック!

注目オンラインゲームニュース

オンラインゲーム検索

OnlineGamerをフォローしよう!

G123.JP特設ページ
DMM GAMES特設サイト
オンラインゲーム入門講座