原作2巻「炎の魔神」のエピソードが実装!1周年を迎える「ロードス島戦記オンライン」の今後について運営陣にインタビュー

オンラインゲーム・無料ゲームのOnlineGamer
原作2巻「炎の魔神」のエピソードが実装!1周年を迎える「ロードス島戦記オンライン」の今後について運営陣にインタビュー

原作2巻「炎の魔神」のエピソードが実装!1周年を迎える「ロードス島戦記オンライン」の今後について運営陣にインタビュー

2017年02月15日 18:00

担当:

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年2月16日にサービス開始1周年を迎える「ロードス島戦記オンライン」。2016年の振り返りやエピソードの拡張など、気になる今後のロードマップを運営チームに聞いた。

「ロードス島戦記」は、テーブルトークRPG「ダンジョンズ&ドラゴンズ」のリプレイ記事から生まれた日本初のファンタジー小説で、ライトノベルの草分け的存在として今なお多くのファンから愛されている作品だ。

この「ロードス島戦記」の原作第一巻「灰色の魔女」をベースに、オンラインゲーム化したのが「ロードス島戦記オンライン」となる。先のアップデート「The Intruder」では、ついに”ウォリアー”が実装され、原作初期パーティが揃い踏みしたことは、ユーザーにとっても記憶に新しいだろう。

そんな「ロードス島戦記オンライン」だが、2月16日でサービス開始より1周年を迎えることになる。ある意味”一区切りついた感”のある本作について、昨年の振り返りや今後のアップデート方針を、運営プロデューサーの合田真二氏、ブランドマネージャーの加藤仁氏に伺うことができた。原作ファンや本作のプレイヤーにとって嬉しい話が色々と聞けたので、ぜひ一度目を通してほしい。

左から、合田真二氏、加藤仁氏

サービス開始からこれまでを振り返って

――2月でサービス開始から1周年を迎えますが、ここまでを振り返ってどうでしたか?

合田氏:正式サービス以降、わりと高い頻度でアップデートを行えたのではないかと思っています。原作がある作品なので、原作からゲームに触れた方と、ゲームを気に入ってくれた方、両方に満足してもらうために奔走した一年だったように感じます。コラボイベントの開催や新クラス、コンテンツの実装など色々な経験ができたので、個人的にも勉強になった一年でした。

加藤氏:当初から予定していたコンテンツやイベントなどは予定通り実装でき、ホッとしています。また、実際にプレイされた方の反応を見ながらの調整や、開発元から提案を受けてのアップデートなど、ライブ感覚で運営を行う場面もあったので、あっという間の一年でした。

――運営をしていて嬉しかったことや、逆に辛かったことなどはありましたか?

合田氏:お客様と運営と開発、それぞれが思い描く「ロードス島戦記オンライン」は微妙に違ってきます。それらを上手く調整して、お客様の方から良い評価を頂けた時は凄く嬉しいですね。もちろん逆のパターンの場合もありますが、それを反省材料としてより良いものが出せるよう頑張っています。

加藤氏:ゲームとしての面白さが、原作と矛盾してしまうときなどは非常に辛いですね。そのような時は、原作者の水野先生に相談したり、開発元と協議を重ねたりして対応しています。逆に嬉しかったことは、昨年の5月に行われた「Pmang感謝祭」で、お客様と直接お話ができたことですね。今後はもっとその機会を増やしていけたらと考えています。

――それでは、今年も何かオフラインイベントのようなものも行う予定があるのでしょうか?

加藤氏:具体的に決まっている何かがあるわけではありませんが、機会があれば積極的にそのような場を作っていきたいと思っています。

――原作があるゲームということで、原作ファンのプレイヤーが多いのでしょうか?

合田氏:時期によって変わってきます。例えば原作寄りのアップデートが行われた時などは原作ファンが多くなりますし、エンドコンテンツやPvPなどシステム寄りのアップデートが行われた時はゲームファンが増えるように感じます。

加藤氏:原作寄りのアップデートと一括りにしても、原作小説が好きな方もいれば、アニメやコミックスが好きな方もいますのでアップデートの内容でさらに細分化されてきますね。

合田氏:逆に原作をまったく知らない人が、原作ファンの方から話をきいて興味を持つといったこともあるみたいです。

加藤氏:「ロードス島戦記」は今年に入って舞台が行われたり、まだまだ広がりを見せる作品です。その中で「ロードス島戦記オンライン」が「ロードス島戦記」の世界に触れるきっかけの1つになってくれれば嬉しいですね。

ウォリアー
ウォリアー

――新クラスとしてウォリアーが実装されましたが、プレイヤーからの反応はどうでしょうか?

合田氏:ウォリアーは、かなりマッチョなキャラクターになっています。こういったキャラクターは好きな人は好きだとは思うのですが、若干その層が薄いのではないかと心配していました。しかし、実装後のザクソンを覗いてみると一面マッチョだらけで、ホッとしたと同時に凄い絵だなと思いました(笑)。

個人的にも使っていて、とても楽しいので長く遊べるクラスだと感じています。また、今回声をあてて頂いた日野聡さんは、僕が積極的にプッシュしたのですが、非常にマッチしているなと自画自賛しています。

――ちなみにウォリアーは原作ではドワーフ族でしたが、その辺の反応はどうでしょう?

加藤氏:両方の意見がありますね。人間のキャラクターが好きだというお客様もいますし、なんでドワーフじゃないのか? という声ももちろんあります。ただ、「ロードス島戦記」には人間の蛮族キャラも存在しますので、今回はそちらの面を推しました。もちろんドワーフ族を望む声があれば、今後実装される可能性は十分にあります。

原作二巻「炎の魔神」のエピソードが実装!

――ウォリアーは原作パーティの最後の職業ということで、「ロードス島戦記オンライン」として一区切りついたのかなと感じる面もあるのですが、今後はどういったことを軸にアップデートを行うのでしょうか?

加藤氏:本当にお待たせしました。いつ実装するのかと沢山の声があった、原作二巻「炎の魔神」。これを2017年、ついに実装します。実装時期に関してはっきりとしたことは言えないのですが、砂漠の王国の話なので、その雰囲気を味わってもらえる暑い時期には実装したいと思っています。

――おお! ついに実装されるのですね。そして意外と早く実装されるなと感じました。

加藤氏:実は開発は前々から進めていました。ただ、新しい地域の実装など時間がかかってしまう部分があった事と、原作の雰囲気を壊さないようにかなり慎重に調整をしてた事もあり、このタイミングでの発表となりました。例えば砂漠の民の衣装1つとっても、現在の我々がイメージするものと、当時のイメージは違うと思います。なのでその辺の調整などを細かく行っています。

――「炎の魔神」は「灰色の魔女」の続編という認識で間違いないでしょうか?

加藤氏:「灰色の魔女」は主人公・パーンの旅立ちと成長の1年間を描いたもので、「炎の魔神」はそれから2年後が舞台となります。「炎の魔神」は、ドラマCDとコミカライズ以外では、映像化されていないエピソードなので、原作ファンの方からすると、非常に楽しみなのではないかと思います。悲劇的なストーリーやキャラクター毎の葛藤が描かれていて、個人的にも好きなエピソードで、実装までに原作を読んでもらえると嬉しいですね。

――ドラマCDなどは、今となっては手に入れることが難しいですもんね。

加藤氏:そうですね。ちなみに僕は持っていますし、当時ラジオも聞いていました(笑)。

――さすがですね(笑)。「ロードス島戦記オンライン」は原作で語られなかったエピソードを体験できるのが特徴の1つだと思うのですが、「炎の魔神」のエピソードに関しても同様でしょうか?

加藤氏:そこに関してはガッツリとやりたいなと考えています。現在、開発元と調整中です。

――それは楽しみです。ちなみにそういったエピソードの追加は、原作者である水野先生ともお話されているのですか?

加藤氏:もちろん判断に迷った部分に関しては、相談してアドバイスを貰ったりしているのですが、基本的にはお任せしますと言ってもらっています。

――なるほど。それはそれでプレッシャーが凄そうですね(笑)。それではイメージイラストについて解説してもらってもいいでしょうか。

加藤氏:一番左のキャラクターが原作に登場する傭兵の一人”マーシュ”です。隣のおじいさんは名前のあるキャラクターではないのですが砂漠の衣装のイメージになります。それと砂漠の王国”フレイム”のお城のモデリング、炎の精霊”サラマンダー”です。もちろんこの他にも、例えばディードリットが初めてドレスを着るシーンの衣装のイメージなどもデザイン中です。ちなみに、ドレス姿のディードリットのパペットもあるのですが、こちらは舞台版の特典として手に入れることができます。

原作に登場する傭兵の一人「マーシュ」 砂漠の衣装イメージ
砂漠の王国「フレイム」のイメージ 炎の精霊「サラマンダー」

加藤氏:2017年はこれだけではありません。さらに、傭兵システム(仮称)やギルド機能強化などを考えています。

――色々と盛りだくさんですね。傭兵システム(仮称)とはどのようなシステムになるのでしょうか?

加藤氏:まだ開発中なので詳細についてはお話できないのですが、傭兵という名称なので何か雇ったり、連れていけたりするものをイメージしてもらえればと思います。また、原作二巻の舞台となる砂漠の王国”フレイム”という国は、兵力として傭兵を活用する国ということもあり、そこも含めて傭兵をキーワードに何かできればと考えています。

――NPCとパーティを組んでダンジョンなどに挑戦できたりするイメージでしょうか?

加藤氏:うーん。今はまだご想像にお任せしますとだけ言っておきます(笑)。

マーセナリーが呼び出す傭兵
マーセナリーが呼び出す傭兵

――ちなみに新クラスのウォリアーとマーセナリーにも傭兵を呼び出すスキルがあったと思いますが、まったく別物となりますか?

加藤氏:まったくの別物です。ただ、彼女達も傭兵なので何らかの形で登場できれば面白いかなと考えていたりはします。

――では、次のギルド機能強化はどういったものになるのでしょうか?

加藤氏:現在のギルドは、ギルドレベルが上がっていくことによりギルドスキルが覚えられたり、ギルド単位で戦うギルド攻防戦といったシステムがあります。そこに追加する形で、ギルドメンバーで楽しめるギルドダンジョンや、ギルドとして活動していくことで何か特典が貰えるようなものを作りたいと思っています。

――ギルドメンバーでの遊びをシステム側でも持つイメージですね。ちなみにギルドホールが気になるのですが……。

加藤氏:ギルド単位で所持できるハウジングに近いシステムを想定しています。詳細は調整中ですが、開発元の”L&K Logic Korea”は「RED STONE」でギルドホールを開発していた実績がありますので、ベースが同じになるかは別として、きちんとしたものを提供できるのではないかと思います。

――称号システムはどのようなものになるのでしょうか?

加藤氏:すみません、これに関しては現在開発中になっているので、別な機会で公開します。

――新規古代語追加とパペットシステム強化は、既存のシステムの拡充というイメージでしょうか?

加藤氏:そうですね。アップデートは新しいコンテンツの追加も当然行いますが、既存のシステムにも改修や拡張は行っていきたいと考えています。

――では、夏以降のロードマップで注目して欲しいコンテンツはありますか?

加藤氏:新規ダンジョンや、新規レイドの追加に注目してほしいですね。メインクエストである「炎の魔神」の実装を受けた形でのコンテンツ拡張が夏以降に行われます。

合田氏:夏以降とさせて頂いたので、ある程度察してもらえるかと思うのですが、詳細に関しては現在調整中になっています。お客様が一番望んでいるものは、やはり原作に関係のあるコンテンツだと思うので、そこに関係するものを何か実装できないかと考えています。

――夏以降と少し先の話ですので、ユーザーからの声が多少なりとも反映されることもあるのでしょうか?

加藤氏:もう、今すぐ送って欲しいですよ(笑)。

合田氏:実は去年もお客様からの声が反映されているコンテンツも幾つかありました。なので今後も、お客様からの意見を受けて作られたものも追々入ってくるのではないかなと思います。

――ユーザーの声を聞きながら成長していくのはオンラインゲームならではですよね。

合田氏:そうですね。見下ろし型の2Dのゲームなので、3Dのゲームに比べるとフットワークが軽いのも「ロードス島戦記オンライン」の強みだと考えています。

今後の運営体制について聞く

――お二人が担当されている、プロデューサーとブランドマネージャーはそれぞれどのような業務を行っているのでしょうか?

加藤氏:通常の運営業務を担当するのがプロデューサーで、原作の世界観を守ったり権利的な部分の調整をしていくのがブランドマネージャーとなります。

――今後、どのような方針や体制で運営されていくのでしょうか?

加藤氏:実は、合田が「ロードス島戦記オンライン」の運営から外れ、自分がプロデューサーも兼任していくことになります。ただこれはネガティブな異動ではなく、合田は別タイトルの担当となり、自分は原作をよく知っている強みと、過去のプロデューサー経験を活かして「ロードス島戦記オンライン」をより良いゲームにしていくという狙いです。夏までのロードマップは既に固まっているので、「ロードス島戦記オンライン」のお客様は安心してください。

――なるほど、肩書がかなり長くなりそうですね。合田さんの次の担当はもう決まっているのでしょうか?

合田氏:弊社のタイトルの1つである「ソウル・オブ・ジ・アルティメット・ネイション(以下、SUN)」のプロデューサーを担当することになります。複数のタイトルの運営を経験してきた強みを活かして「SUN」を盛り上げていこうと思います。また、加藤とは席が隣で仲もいいので、お互いのタイトルに対してアドバイスし合うようなこともあるかもしれません(笑)。

――そうすると、現在の「SUN」のプロデューサーの方がどうなるのかが気になりますね。

合田氏:それは追々、どこかで発表があるかもしれませんね(笑)。

――わかりました。それでは最後にお客様に向けてメッセージをお願いします。

合田氏:まずは、一年間支えてくださってありがとうございました。色々とご迷惑をおかけしたことも多く、期待に応えられなかった部分もあったかと思います。2017年は、そういった方にもご満足いただけるものを用意できると思うので、まずは「炎の魔神」を遊んでもらえたらと思います。僕は「炎の魔神」が実装される頃には「ロードス島戦記オンライン」から離れているので、どのような反響があるか直接知ることができないのは残念ですが、必ず期待以上のものがお届けできると思っています。本当に今までお世話になりました。

加藤氏:本当にお待たせしました。ようやく「炎の魔神」をお届けすることができます。2017年は、まずこのアップデートを全力で盛り上げていきます。また、お客様と直接お会い出来る機会を増やすという点にも注力していきたいです。ゲームを遊んで貰うのが第一ですが、ゲームがきっかけでかまわないので、ぜひ原作を愛してほしいなと思います。

――ありがとうございました。

(C)水野良・グループSNE  発 行:株式会社KADOKAWA
(C)GameOn Co., Ltd All Rights Reserved.
Developed by L&K Logic Korea Co., Ltd.

メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

注目オンラインゲームニュース

注目オンラインゲーム

エルソード

エルソード

斬新なカットイン!華激なコンボアクション!

ランブルバースト

ランブルバースト

コンボを繰り出せ!ターン制カードゲーム

幻想神域

幻想神域

キャラが可愛い!アニメチックMMORPG

マスター・オブ・エピック

マスター・オブ・エピック

スキル制が人気のオンラインRPG

オンラインゲーム検索

オンラインゲーム入門講座